亘理名物はらこ飯

このレシピには写真がありません
宮城県亘理町名物のはらこめしです。

材料 (3合)

切り身2切れくらい
生いくら(ハラコ)
1腹
醤油
60cc(大4)
60cc(大4)
60cc(大4)
砂糖
大2(好みで)
適宜
適宜(青いところで可)
180cc程度
3合

1

生姜を数枚薄切りにし、葱を数cmのぶつ切りに切っておく。

2

鮭をお刺身程度の削ぎ切りにしていく。煮ると身がしまるので、存外厚くとも平気

3

餅網など使って、ハラコをバラバラにする。いくらを包んでいる皮が残っていると煮たときに茶色く汚くなるので、何回か水を替えて綺麗にするのが吉。でも真水で洗いすぎると浸透圧の関係でへこんでくるので注意。

4

生姜と葱を鍋(小さ目が良)にいれ、醤油・酒・味醂・砂糖・水を加えて煮立たせる。煮立ったら、生姜と葱を取り除ける。

5

いくらを10~30秒弱煮たら、白くなる前にボールの上に置いた笊にあける。
煮すぎると皮が白くなって見た目が悪いうえに固くなって口当たりも悪くなるので注意。

6

ボールに残った汁を鍋に戻し、水が減っていたら適宜足して、再び沸騰させる。

7

弱火にした後、鮭を1枚づつくっつかないように入れ、フワリと浮いてきたら引き上げ、バット等に重ならないように並べる。

8

鮭を煮終わったら、汁を冷ます。その間に米を研いで炊く準備をしておく。

9

汁が冷めたら、半量を米に加え、普通に水加減してご飯を炊く。

10

煮た鮭の身とハラコは、汁の残り半分に漬けておく

11

ご飯がたけたら、鮭の切り身とはらこを飾って完成。

コツ・ポイント

・汁を米に加えるときには、冷めていることを必ず確認してください。熱いうちに加えますと、芯が残った『めっこ飯』になってしまいます。
・はらこは、皮を手で開いて端を箸でつまんで鍋で泳がせるだけでも大よそは皮から外れますが、皮が残っていると茶色く汚い仕上がりになるので注意。

このレシピの生い立ち

義母と義叔母と義叔母の義姉の3人のレシピに、自分なりのアレンジを加えたものです。
レシピID : 218038 公開日 : 05/09/26 更新日 : 06/10/24

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」