盛岡冷麺はいつもこれ~うちスタイル

盛岡冷麺はいつもこれ~うちスタイル

Description

うちで盛岡冷麺を食べるときは、いつもこのスタイル。
甘酢漬け胡瓜、ゆで卵、葱、牛ほほ肉の赤ワイン煮~韓国風を用意します。

材料 (2食分)

盛岡冷麺(ぴょんぴょん舎)
2食セット
ゆで卵
1個
適宜
牛ほほ肉の赤ワイン煮~韓国風      レシピID : 2181838
6切れ
甘酢漬け胡瓜~胡瓜1本分
胡瓜
少し細めを1本(100g)
小匙1/2
小匙1
小匙1/2~

作り方

  1. 1

    写真

    *いつもこの盛岡冷麺を使います。
    「イーハトーヴの味伝説~ぴょんぴょん舎・盛岡冷麺2食セット」

  2. 2

    写真

    麺、スープ、キムチ(大根とキャベツ)、酢、ゴマが2食分セットになっています。

  3. 3

    写真

    前もって「牛ほほ肉の赤ワイン煮~韓国風」レシピID : 2181838
    を作っておく。

  4. 4

    ■甘酢漬け胡瓜~
    手のひらに塩(分量外)を少しのせ、洗った胡瓜の表面を塩でこすり、約1㎝厚さの輪切りにする。

  5. 5

    写真

    4の胡瓜に塩を加えて混ぜ、1時間置く。
    さっと水で洗ってかるく胡瓜の水気を絞ってから☆米酢☆きび糖を混ぜた甘酢に漬ける。

  6. 6

    ねぎは白髪ねぎ、または小口切りにする。
    ゆで卵は縦半分に切る。

  7. 7

    1のパッケージ記載の「美味しい1食分の作り方例」を見て麺をゆでる。
    必ず麺を手できちんとほぐしてから沸騰した湯に入れる。

  8. 8

    麺に透明感が出てきたらザルに取り流水で洗い、冷水の中で麺をしめて水気を切る。
    *この作業はパッケージ記載に従ってどうぞ。

  9. 9

    写真

    器に8を盛り付け、よく振った2のスープを注ぐ。
    2のキムチ、3、5を適宜、6、2のゴマをトッピングすれば出来上がり。

  10. 10

    好みで2の酢を加える。

  11. 11

    *3の代わりに焼肉のたれで炒めた牛薄切り肉でもおいしいです。
    *3は、カレー用の牛角切り肉で作っても、もちろん美味。

コツ・ポイント

麺のゆで方としめ方につきる!ので、必ずパッケージ記載の方法で、たっぷりの湯で茹でてください。
ゆで過ぎは禁物。
目安は、麺に透明感が出てきたらひとすじ試食してみて、芯がなければ手早く水で洗ってしめてください。
甘酢漬け胡瓜は甘さ控えめです。

このレシピの生い立ち

盛岡でよく盛岡冷麺を食べに行っていた「ぴょんぴょん舎」。
たまに盛岡冷麺を食べたくなると、必ず買うのはやっぱり「ぴょんぴょん舎の盛岡冷麺」です。
うちはトッピングには西瓜は加えませんが、うち流の盛り付けをメモとしてレシピにしました。
レシピID : 2181779 公開日 : 13/04/15 更新日 : 21/11/22

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

24 (19人)
写真

2022年8月5日

きゅうりまねしてみました!ひと工夫で美味しい!

写真

2022年5月10日

牛肉のかわりに、豚こまをつかいました。絶品です。

写真

2021年7月5日

今日も胡瓜の甘酢漬けはこちらで。もう覚えました★★★

写真

2021年6月17日

胡瓜の甘酢漬けの味が分からなかったので、レシピ参考にしました。ぴょんぴょん舎の冷麺を美味しく食べたくて★★★

コメントを書くには ログイン が必要です

このレシピを使った献立