鯛めし風ごはん

鯛めし風ごはん
小鯛の煮干を使って、ごはんを炊きます。鯛独特の味わいと甘味が特徴。昆布も一緒に炊いて、だしがらを混ぜ込んでいただきます。

材料 (米3合分)

小鯛の煮干
3尾
3合
炊飯器の目盛通り
昆布
5cm
大さじ2
少々
少々
生姜・三つ葉・きざみ海苔
適宜

1

写真

米をとぎ、水と分量の調味料を入れ、水量を炊飯器の目盛に合わせたら軽く混ぜます。

2

1の上に昆布、小鯛の煮干、生姜スライスを乗せて炊きます。

3

炊き上がったら鯛と昆布を取り出し、刻んだ三つ葉を混ぜ込み、海苔をふりかけて出来上がりです。

4

写真

お好みで、取り出した鯛のほぐし身と昆布を刻んでごはんに混ぜると美味しいです。

コツ・ポイント

鯛のほぐし身を混ぜるときは、必ずウロコ・骨を取り除いてからほぐしてください。ほぐし身は煮干のため少量になります。

このレシピの生い立ち

小鯛の煮干のだしが美味しくよく出るので、お吸い物だけでなく「鯛めし」風ごはんにしてみました。
煮干なので常備でき、いつでも鯛めし風のごはんを楽しめます。昆布と一緒に炊くと天然のうまみたっぷりです。生姜、三つ葉、ねぎなど香りのものを添えて。
レシピID : 2191128 公開日 : 13/04/14 更新日 : 13/04/17

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

13/05/09

First tsukurepo mark
写真

とっても上品なお味で美味しくいただきました^^御馳走様♡

shimaru

ありがとうございます!鯛と昆布のうまみがたっぷり伝わります♪