だしの取り方(鯛の煮干)

だしの取り方(鯛の煮干)
珍しい鯛の煮干のだしの取り方です。上手にひくと、そのままでとても美味しいお吸い物のおだしになります。

材料 (お椀3杯分)

直火焼き 小鯛の煮干(1尾10cm前後)
2~3尾(20g)
500ml

1

写真

頭と内蔵を取り除き、鍋に分量の水で一晩つけ火にかけます。

2

写真

沸騰後アクをすくいながら、中~弱火で約8~10分程度煮出して鯛を取り出します。

3

写真

2のだしに、薄口醤油または塩を少々加えるとお吸い物になります。お好みでねぎ、生姜、三つ葉、ゆずなど添えてどうぞ。

コツ・ポイント

頭と内蔵をとらず、そのまま煮出しても大丈夫ですが、煮出しすぎると臭みの原因になりますのでご注意ください。


このレシピの生い立ち

直火焼きしてある小鯛の煮干です。
普通のものよりも臭みが少なく、乾燥しています。
お吸い物やめんつゆ、ラーメンのだしにも。
だしをとる他、鯛めし風ごはん(レシピID : 2191128)や油で素揚げして塩を振れば、おつまみにもなります。
レシピID : 2191317 公開日 : 13/04/14 更新日 : 13/09/14

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

13/06/07

First tsukurepo mark
写真

茹でた水菜と小花麩です。アクがとれてないですが美味しかったです。

居酒屋花子

ありがとうございます!小花麸でひときわ華やかですね♪