ほっこり秋の味覚◎黒糖のいもンブラン◎

ほっこり秋の味覚◎黒糖のいもンブラン◎
スイートポテト風の生地を卵を使わず作り、焼かないでモンブランのようにしました。黒糖の風味で甘さ控えめでもコクがあります。

材料 (3~4人)

さつま芋
300g強
30g
30g
牛乳
大さじ2(30cc)
レーズン
大さじ1くらい
大さじ1
☆牛乳
大さじ1
ビスケットなど
人数分

1

さつま芋は皮ごと、串がすっと通るくらいまで茹でるか蒸すかレンジにかける。私は炊飯器でご飯を炊く時に、ホイルに包んださつま芋を米の上に載せて一緒に炊いてしまいました。簡単で経済的♪

2

さつま芋の皮を剥いてボールに入れ、麺棒などでつぶしてから裏ごす。熱いうちにやった方が楽だけど、冷めてからでもできなくはないです。裏ごしたさつま芋の重さを量って300gを取り分けておく。

3

ていうか、さつま芋の重さを量って、その1割の重さの黒砂糖とマーガリンと牛乳を用意すればいいんです。もし量ってみたら400gあった時には黒砂糖40gマーガリン40g牛乳40ccというように。

4

2のさつま芋に黒砂糖、マーガリン、牛乳を入れ滑らかに混ぜる。それを大体でいいので1/3と2/3に分けておく。

5

レーズンを粗く刻み、3で分けた2/3の方に入れて混ぜ込む。それを人数分に分け、手で丸めた後ビスケットにぎゅっと押し付けて全体をかまくら型に成形する。

6

写真

3で分けた1/3の方のさつま芋ペーストに☆印のブランデーと牛乳を混ぜる。絞り袋に入れ、細い口金をつけて4のかまくら型のものにデコレーションする。写真のように線を往復させてもよし、ぐるぐると絞ってもよし。お好みできれいに飾ってください。

コツ・ポイント

お子様用にはブランデーを牛乳に代えて作ってください。ビスケットは丸型にカットしたスポンジやカステラでもOK。うちには細い口金や絞り袋がないんで、マヨネーズの空いた容器を洗って使いました。細い線と星型ならマヨネーズ容器で代用できちゃいますよ。

このレシピの生い立ち

スイートポテトって色良くするために厚く皮を剥いて作りますね。でもその皮がもったいないから、普通に茹でて表皮だけを剥いたさつま芋を使って黒糖で色をごまかしてみました。
レシピID : 221063 公開日 : 05/10/15 更新日 : 05/10/16

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」