ワッフル~リエージュタイプ~FP使用

ワッフル~リエージュタイプ~FP使用
たくさんあるベルギーワッフルのレシピ。丸い形でサクサクのあられ砂糖が入った甘い『リエージュタイプ』。四角くて生地がフワフワ、ジャムや生クリーム、アイスクリームを添えて食べる『ブリュッセルタイプ』。今回は手軽に作って食べられる‘リエージュタイプ風’を作りま

材料 (20個分)

300g
砂糖
18g
2g
牛乳
60 CC
メープルシロップ
20g
2個
インスタントドライイースト
6g
無塩バター
60g
あられ砂糖
80g

1

中力粉が無い場合は強力粉:薄力粉=7:3で用意します。卵と牛乳、メープルシロップを一緒にしておきます。バターは柔らかくしておく。

2

FPをセット。
粉・砂糖・塩をセットし、分量外のぬるま湯30CCにインスタントドライイーストを溶かして、これも入れる。

3

卵液を入れながら、FPスタート。1分ほど回します。

4

写真

バターを入れてさらに30秒ほど回します。生地の端を引っ張って、薄く伸びれば、生地の出来上がり。

5

油を塗ったボールに取り出しキレイにまとめておく。

6

写真

28度くらいの所で約30分発酵させる。(もちろん、ラップをしてね!)

7

写真

発酵が終わったら、あられ砂糖をまぶし、ゴムベラで切るように混ぜる。ガス抜きをしながら、あられ砂糖を入れていくことができる。

8

写真

キャンバスの上で20個に分ける。手に油を塗りながらでないとべたべた生地がくっつきます!あまりキャンバスが汚れるようなら、クッキングシートの上で作業するとGOOD!

9

写真

20分ほどキャンバスの間で休ませる。(ベンチタイム弱火で片面2分づつ焼く。

10

写真

美味しそうに焼けました♪♪

11

写真

手作りアイスを添えて。メープルシロップをかけたら・・・t(´▽`) ♡

12

あられ砂糖の食感を残したい方は、ガス抜きのときにあられ砂糖を入れずにガスだけを抜き、焼くときに生地に置いて焼くと良いですよ。ただし、天板が汚れます。。。

コツ・ポイント

生地作りにはFPを使用。ただし、生地が柔らかめな割りに生地量が多いです!!羽の回りに負荷がかかりますので、心配な方は仕込み水を減らすか、手捏ねをオススメします。我が家には直火のワッフルプレートが2個あるのでいっぺんに20個作りますが、1つの場合は半量で作業する方が良いです!(最後の方の生地が過発酵気味になるので)

このレシピの生い立ち

フォークやナイフを使わないで手軽に食べられる‘リエージュタイプ’は家族がみんな大好き♪家族の好みを聞いているうちにたどり着いたレシピです!
レシピID : 221183 公開日 : 05/10/16 更新日 : 06/03/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

14/07/31

First tsukurepo mark
写真

麦ポンをトッピングして焼きました。贅沢な朝食をありがとー!

さいとうようこち

麦ポンのトッピング、なるほど~!歯ごたえを楽しめそうですね♪