カキの茶碗蒸し

カキの茶碗蒸し
いつも沈んでしまうカキですが、すぐに見つかるように2段階で蒸しました。フルフルの茶碗蒸しです。

材料 (4人分)

カキ
8~12粒
かまぼこ
8切れ
ゆり根
適量
ぎんなん
8個
※卵
2個
2カップ
大さじ1
※しょう油
大さじ1
※塩
少々
三つ葉
4本

1

カキは大根おろしで洗って、水けをふき取る。なべに入れ酒(分量外)を少々振りかけて軽く火を通しておく。身と汁を分ける。

2

ボールに卵を割って入れ、白身が切れるように良くとく。※印の調味料と1のカキの蒸し汁を加え混ぜる。

3

器にかまぼこ、ぎんなん(薄皮も剥いたもの)、ゆり根(適当にほぐしたもの)などを入れて、卵の液を6割くらい入れる。これを蒸気が上がった蒸し器で蒸す。はじめ強火で3~4分、弱火で15~20分。

4

3の液がほぼ固まったら(4~5分で様子を見る)、その上に1で蒸したカキを1人分ずつのせる。その上に残りの卵の液をかける。さらに時間まで蒸す。出来たら三つ葉をのせる。

5

6

コツ・ポイント

出汁はかつおぶしと昆布でしっかり取ること。三つ葉のじくは適当に切って具にしてしまいましょう。カキは生で入れると水っぽくなります。器はあまり大きくありません。

このレシピの生い立ち

レシピID : 221400 公開日 : 05/10/17 更新日 : 05/10/17

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」