ドイツで作る☆かぼちゃプリン

ドイツで作る☆かぼちゃプリン
買えない物は作ってしまえ(^^*)南瓜をたっぷりつかいシナモンをアクセントに使ったプリンです。ドイツでは見かけないスタイルのプリンで大変驚かれた一品です。

材料 (20cmのパウンド型)

カボチャ
裏ごししたもの350g
シナモン
小さじ1
ブラウンシュガー
60g(お好みで調整)
卵(サイズL)
4個(約260g)
豆乳 or 牛乳
240cc
お好みリカー
大さじ1
◆砂糖
80g
◆熱湯
40cc

1

写真

【カラメルソース作り】砂糖をお鍋に入れ弱火中火で様子を見ながら溶かす。

2

写真

砂糖が溶けてカラメルの香がしてきたら火から降ろして熱湯を加える。

3

写真

パウンド型に流しいれて冷蔵庫で冷やす。

4

写真

カボチャの皮をむき、一口サイズに切る。耐熱容器に入れラップをしてレンジで約8分加熱する。(竹串が通ればOK!)

5

写真

4を裏ごしし、シナモン、砂糖を加え混ぜる。この作業のときにオーブンを170度に温める。

6

写真

5に卵+生クリーム+牛乳を加えよく混ぜる。しっかり混ざったらお好みリカーを加え混ぜる。

7

写真

6のプリンの液を漉します。

8

写真

漉したプリンの液を3の冷やしておいた型に流し込みます。

9

写真

鉄板にお湯を1cmくらい入れて40~50分湯煎焼きして出来上がりです!

10

写真

荒熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。お好みの厚さに切ってホイップクリームなどで飾って召し上がれ。

11

写真

使っている南瓜はHokkaido-Kürbisです。日本の南瓜と比べると甘味は随分少ないです。

コツ・ポイント

【カラメル作り】弱火で砂糖が解けるのを辛抱強く待ちます。熱湯を注ぐときは火傷に注意して下さい。【手順4】南瓜を小さく切ったほうが火の通りがいいです。【お砂糖】プリン液に加えるお砂糖は南瓜の甘さもあるのでお好みで調節して下さい。

このレシピの生い立ち

ドイツにもプリンはありますが、カスタードクリームみたいなクリーム状のもの(T-T)。日本のプリンで育った私には物足りないので作りました。
レシピID : 222369 公開日 : 05/10/23 更新日 : 08/08/16

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

15/10/31

写真

ドイツでかぼちゃぷりんが食べられるなんて!感謝感激です;_;

よはねす

ドイツで作って下さったなんて嬉しい!Danke☆

08/01/05

First tsukurepo mark
写真

美味しぃ~♡       ヽ(  ´  ∇  `  )ノ

north-wanko

気に入っていただけて嬉し~い!Danke!(^^*)

Profile ボールペン 2005年10月25日 16:14
初めまして
突然ですが、キャラメル作りに困っております。皆さん手順として砂糖と少しのお水でキャラメルを作り、最後にお湯を足しますが、その瞬間”ジュッ!”となって活火山のマグマのような恐ろしい一瞬ではないでしょうか? 私はそれが怖くて怖くてできないのですが、やはりそれは越えなくてはならない壁(?)なのでしょうか?
どうしてもこのかぼちゃプリン食べたいのですが、このキャラメル作りが怖くて・・・・恐れ入りますが教えてください。
Engel 2005年10月25日 21:34
こんにちは、はじめまして。ご質問ありがとうございます。

私もカラメル作り苦手です。ボールペンさんのおっしゃるとおり"ジュッ”となる瞬間が苦手ですが、ビビリながらも作っています(^_^;

日本では、カラメルソースが売っていますよ。それを使われるのも一つの方法だと思います。
↓参考にしてください。
http://www.rakuten.co.jp/mamapan/455679/537876/480992/#430775
Profile ボールペン 2005年10月25日 23:15
早速お返事ありがとうございます。やっぱりそうですが、あの瞬間はやっぱり皆怖いですよね。
実は私も海外在住なのでせっかく教えてくださったカラメルソース買えそうにありません。今度日本へ帰ったときにでも買います。ありがとうございます。