梅シロップ

夏のかき氷には欠かせません♪

材料 (保存瓶1瓶)

青梅
約1キロ
約1キロ

1

青梅をキレイに洗い、ふきんで水分をしっかり拭き取ります。

2

爪楊枝などをつかって、なりくち(梅の実が木の枝についているところ)を取り除きます。なりくち部分に残った水分もきちんと拭き取ってください。

3

保存瓶を用意します。ふきんで中をキレイに拭いた後、消毒のため焼酎でふいておきます。

4

保存瓶の中に青梅とグラニュー糖を交互に入れていきます。最後に焼酎を100cc程度入れておくと、さらに防腐になるかもしれません。

5

青梅とグラニュー糖の量は適当で構いません。要するに青梅がグラニュー糖にギッチリと埋まっていればOKなのです。

6

冷暗所に保存します。グラニュー糖が溶けるまでは毎日のように上下にしてまんべんなく、青梅が漬かるようにします。溶けきってからも、時折上下にしてください。約2週間で砂糖が溶けます。

7

シロップが上がって、うっすら黄色になってきたら完成です。梅雨明けごろにはできあがるでしょう。梅の実もそのまま食べてもおいしいです。かき氷の場合は丸ごとトッピングに。

8

かき氷のシロップ、水や炭酸水で割ってドリンク・・・という具合に、ひと夏であっという間になくなってしまいます。だから、保存期間は?

9

青梅をキレイに洗って、なりくちをとり、ビニール袋に入れて冷凍保存しておけば、青梅が出回っていない時期でも梅シロップがつくれます。

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

数年前のNHKの「きょうの料理」のレシピを参考にアレンジ。
レシピID : 22314 公開日 : 01/06/04 更新日 : 02/06/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」