京都大原流柴漬け

京都大原流柴漬け
京都大原で作られる柴漬けは茄子、赤しそ、塩の3つの材料だけで作るそうです。酸味は発酵させて出します。とても上品な風味です。

材料

茄子
5本
赤しそ
20枚
大さじ2-3

1

茄子は縦半分に切ってから斜め切りにする。紫蘇は細切りにする。

2

ビニール袋など密閉できる袋に1と塩を入れ、よく揉む。

3

適当な入れ物に2を収め、重石を置く(これも適当)。

4

夏場なら5日間~1週間ほど常温で漬けて発酵させる。冬場は味を見ながらもっと長めに。

コツ・ポイント

塩加減は塩の味をまず確認し、分量の加減をしてください。クオリティーの高い塩を使うと自然な甘みも加わってさらに美味しいです。

このレシピの生い立ち

京都大原にある漬物屋さんのサイト何軒かからアイデアを得て材料の分量を自己流にアレンジしました。
レシピID : 224184 公開日 : 05/11/03 更新日 : 05/11/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」