さんまの角煮

さんまの角煮
圧力鍋で作ると骨ごと食べられて小さなお子様にも安心でカルシウム補給にもいいです。たくさん煮たら冷凍保存もOK。

材料 (さんま5匹分)

さんま
5本
50cc
★醤油
100cc
★酒
100cc
★砂糖
大さじ4
少々

1

秋刀魚のワタを取り4等分くらいに切る。水でよく洗ってから圧力鍋に秋刀魚と分量の酢、水をひたひた位に入れて蓋をし、火にかけて7分加圧(お手持ちの圧力鍋の取扱説明書に従ってください)→自然放置で蓋を開け、ざるにあけて水分を切る。

2

写真

1を普通の鍋に入れ★印の調味料と共に弱火で煮汁がなくなるまで煮る。時々鍋ごと傾けて煮汁を回すと良い。

3

煮上がったら火を止めて粗熱が取れてからそっと取り出す。

コツ・ポイント

下ゆでに使うお酢は高い物でなくていいです。梅酢などが余っていたらそれでもいいです。取り出す時は冷めてからの方が崩れにくいです。普通の鍋でもできますが骨ごとは食べられなくなります。
下茹でのときにシリコンペーパーを真ん中に十字の切れ目を入れて鍋に敷いてからさんまを入れると取り出すとき、鍋に移すときそのまま四隅を持って持ち上げると崩さずに移し変えられます。

このレシピの生い立ち

生協の地区委員会で「もっと>゜)))彡を食卓に」をテーマにした講習会に参加した時に教えてもらったレシピを元にしたものです。
レシピID : 225052 公開日 : 05/11/08 更新日 : 08/05/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」