フランスのクレープ生地

フランスのクレープ生地
寒い冬の日、屋台で熱々の香ばしいクレープ…。フランスの冬の風物詩です。
これはフランスの小学校のクレープ祭で子どもが教わってきたレシピ。
焼く時間によって、しっとりもちもちにも、フランス風に香ばしくも焼けます。

材料 (10~15枚)

薄力粉
250g
4こ
ひとつまみ
牛乳
500ml
クセのない植物油
大さじ1
適宜

1

ボウルに薄力粉を入れ、中央をくぼませ、卵を1こずつ割り入れ、そのつど混ぜます。
+塩をひとつまみ。

2

牛乳を少し加え、植物油も加えて泡立て器で混ぜます。
だいたい混ざったら、残りの牛乳(+お好みでバニラ)を加えて、ダマにならないようにさらに混ぜます。
→冷蔵庫で1時間休ませる。

3

写真

休ませた生地に、水を少し加え、ゆるゆるに。
フライパン(テフロンが使いやすいです)を弱めの中火にかけ、生地をおたま1つ分流し、フライパンを回して全体にのばす。
~ここからの焼き具合はお好みで!~
裏表を返す時、私は軽く濡らした菜箸を使います。

4

焼き上がったら、あとはご自由に!
上の写真は、ヌテッラ(ヘーゼルナッツ味のカカオクリーム)を塗っています。

5

コツ・ポイント

クレープの中身は、熱々にキビ砂糖のみ、もなかなかオツです。他、ジャムやクリのクリーム、フライパンにのっているうちにチーズとハムをのせれば軽食にピッタリ。
新しい組み合わせを考えるのも楽しいですね。

このレシピの生い立ち

小学校の行事「クレープ祭」で、子どもが教わってきたレシピそのままです。
レシピID : 227555 公開日 : 05/11/22 更新日 : 05/11/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

09/07/12

First tsukurepo mark
写真

ベリー達とヨーグルトクリームで★おいしくできました(^_^)

Boibanz

わぁ、きれい!ベリーとも合いますよね。ありがとうございます!