見ようみまねで郷土料理☆ビタミン菜でめはり寿司

見ようみまねで郷土料理☆ビタミン菜でめはり寿司

Description

旅行に行って出会った和歌山県の郷土料理「めはり寿司」。高菜で巻くところをビタミン菜で代用して、再現してみました。簡単な割に、おいしいですよ~~。

材料 (3人分)

ビタミン菜
12枚
たまり漬けの素
ビタミン菜がひたる位
白ごま
適当
ごはん(今回は、酢飯)
12個位包める程度
少々

作り方

1

前日に、ビタミン菜に少々の塩を振り、ひたひたのたまり漬けの素に漬けておきます。

2

次の日、浅漬けになったビタミン菜を葉と茎に分けます。茎は、ご飯に入れるので細かく刻みます。

3

酢飯に白ごまを混ぜて、手で軽く酢飯を握り、真中に細かく切った上記の茎をつめ、ロールキャベツを作る時のように、葉で酢飯を巻いて出来あがり!!(本場では、普通のごはんでした。)

4

5

6

コツ・ポイント

ビタミン菜で、ご飯を巻く時に茎がじゃまで巻きづらいので、茎は細かく刻んでおにぎりの具のようにご飯の中に入れちゃいます。たまり漬けの素は、今市市の「(有)小野口商店」謹製です。

このレシピの生い立ち

和歌山県に旅行に行った時に食べた数々の郷土料理。さんまのなれ寿司は、真似できないけど、「めはり寿司」は、出来そうだと思ってたところに会社の先輩が塩漬けビタミン菜でご飯を巻いてお弁当に持ってきました。これは、めはり寿司だ!!ということで、ビタミン菜で再現してみることに・・・。(先輩は、家庭で作っているビタミン菜を持ってきてくれました。感謝!!)
レシピID : 228366 公開日 : 05/11/27 更新日 : 06/02/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」