東京大江戸甘味噌ねぎ巻きカツ弁当

東京大江戸甘味噌ねぎ巻きカツ弁当
頑なに伝統を守り続ける江戸っ子の粋と、挑戦し続ける東京人の技術と熱意をコラボした旨みいっぱいのお弁当おかずです♪

材料 (2人分)

豚ロース薄切り肉(TOKYO X)
4枚
江戸甘味噌
大さじ1杯
長ネギ(白い部分)
16~20cm
大葉
2枚
少々
胡椒
少々
小麦粉(塗し用)
少々
●小麦粉
大さじ2杯
●水
大さじ3杯
大さじ6杯強
適量

1

長ねぎを4~5cmの長さに切り、軽く塩を振って下味をつけます。大葉は半分に切ります。

2

ひろげた豚ロース肉に胡椒を振り、江戸甘味噌を塗って、手前に大葉、長ねぎの順番で乗せてクルクル巻きます。

3

2)の全体に小麦粉を塗します。

4

●印の材料を合わせ良く混ぜます。

5

3)に、4)を絡ませてからパン粉を塗します

6

180℃程度の油できつね色になるまで揚げたら出来上がりです。

コツ・ポイント

江戸甘味噌は甘みの強い赤味噌です。普通のお味噌を使う場合は砂糖を少し加えると良いと思います。こちらのレシピを始め、このお弁当のおかず全て、顆粒だし等の旨味に頼らず、素材自体が持つ旨みや深みを活かせるよう工夫しました。

このレシピの生い立ち

インターナショナルBENTOコンクール応募レシピです。TOKYO Xに代表される畜産や、小松菜、千寿ねぎ、金町小かぶと云った江戸野菜、そして味噌等の加工食品…東京にもとても美味しい地産品や発祥の食材があることを知って欲しくて応募しました。
レシピID : 2344195 公開日 : 13/09/19 更新日 : 13/10/10

このレシピの作者

特別なお店に行かなくても手に入る材料で作れる多国籍の家庭料理&スイーツをコンセプトにした私流の楽しい美味しい一皿と、我が家の定番料理等を紹介しています。料理という国籍を問わないコミュニケーションツールの素晴らしさを伝えられるワールドワイド家庭料理研究家になるのが夢です☆

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」