じっくり仕上げた秋刀魚の蒲焼丼

じっくり仕上げた秋刀魚の蒲焼丼
秋刀魚の骨をじっくり焼いて出汁を取った特製タレをたっぷり和えた秋刀魚の蒲焼丼☆ジューシーな食感と旨味が後を引く一品です。

材料 (1人分)

秋刀魚
1尾
少々
セモリナ粉(小麦粉でも可)
適量
大匙1
ご飯
お茶碗1杯
【タレ】
醤油
大匙2
大匙2
大匙1
☆ 水
1/4カップ
【薬味】
大葉
1枚
すだち(くし切り)
1/2個
長ネギ(白髪ねぎ)
適量
煎り胡麻(白)
少々

作り方

1

写真

三枚におろした秋刀魚の身に軽く塩を振り、キッチンペーパーで包み、水気をよく取る。骨は捨てないこと。

2

写真

常温のフライパンに秋刀魚の骨の部分を置いて、軽く塩を振る。弱火にかけて片面10分。もう片面も同様に10分じっくり焼く。

3

写真

タレの材料を「☆以外」混ぜ合わせておく。

4

写真

こんがり焼いた③にタレをジャーっと入れ、水を1/4カップ足し、混ぜ合わせたら蓋をして弱火で10分。

5

写真

秋刀魚を横半分に切り、セモリナ粉をまぶし、余分な粉は軽くはたき落とす(セモリナ粉がない場合は小麦粉でも代用可)。

6

写真

骨を除いたらタレを別の器に移し、フライパンをきれいにする。胡麻油を引き、秋刀魚を皮を下にして中火で2分ソテーする。

7

写真

ひっくり返したらそのまま中火で1分半ソテー。焼き目がついたらひっくり返してタレを回しかけ、ざざっと和える

8

写真

丼にご飯を盛り、秋刀魚を置いてタレをかける。白髪ねぎ、糸切り唐辛子、大葉、すだちを添え最後に煎り胡麻を振ったら完成です。

コツ・ポイント

◆ タレを煮こむ時は弱火でじっくり。焦げないように注意しましょう。
◆ タレを秋刀魚と和える時に火力が強いと粘度が強くなりすぎてしまうので、火から離したりしながら調節しましょう。

このレシピの生い立ち

秋刀魚の骨まで活用したレシピをと、考案した一品。タレにちょっぴり時間がかかりますが、余すことなく秋刀魚のおいしさを味わえる丼です。
レシピID : 2372576 公開日 : 13/10/19 更新日 : 13/10/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

3 (3人)

14/01/27

写真

鰯ですが美味しく出来ました。作り置いて朝食に。

abc345

鰯も良いですね!ありがとうございます〜☆

14/01/20

写真

とても美味しく頂きました。ごちそうさま♡

きらり流れ星

トロっと美味しそうな仕上がりですね♫ありがとうございます!

13/11/08

First tsukurepo mark
写真

とっても美味しく出来ました‼

あねもあ

写真も素敵ですね☆ありがとうございます!