今が旬。わが家の年に一度のいくら丼

今が旬。わが家の年に一度のいくら丼

Description

こんなに美味しいいくらって食べたことがない位においしい~今だけの生のいくら旬ですよ~

材料 (生筋子500G分)

生筋子(いくら)
500g
☆お湯38度ぐらい
2250cc
☆あら塩
カップ1
*水
1500cc
*塩
カップ2分の1
♪煮切り酒
50cc
♪煮切りみりん
50cc
♪煮きり醤油
50cc
100cc
いくら丼
寿司飯
適宜
大葉
人数分
薬味ねぎ
適宜
刻み海苔
適宜
ワサビ
適宜

作り方

1

写真

いくらをまず海水程度の塩辛さのお湯でほぐします。綺麗なボールにお湯38度ぐらいを入れ塩を溶かします。なめて塩辛いくらい

2

写真

いくらの端から親指の腹でほぐすようにほろほろ皮から外していきます。

3

写真

思っているよりいくらはつぶれないので焦らないで少しづつほぐして下さい。

4

写真

紫色の薄皮だけが残ります。そちらは捨てていくらをざるにあけます。

5

写真

ボールとザルを用意して4のいくらをボールに移して流水でつぶれた卵残った薄皮が浮いてきますので良く洗います。

6

写真

5の工程を4~5回繰り返します。手早く怖がらずに上に浮いて来るので焦らずこなして下さい。

7

写真

浮いて来るものが無くなったらざるにあげます。

8

写真

別ボールに*の分量の冷水と分量の塩を入れ溶かしてざるにあげたいくらを入れて塩水にくぐらせます。

9

写真

すぐざるにあけます。

10

写真

ざるにあけたら20分ほど塩水を切ります。振ったりしないで自然放置すること。

11

写真

オレンジ色の宝石みたいないくらきれいでしょう~

12

写真

♪の煮切り調味料は冷ましておきます。
タッパに11を入れて♪を入れて冷蔵庫で保存して4日5日で食べきりましょう。

13

写真

酢飯を用意して冷ましておきます。

14

写真

13に刻み海苔大葉の上に12のいくらの調味料は切って13に載せる。

15

写真

薬味ねぎわさびを添えて~こんな晩御飯

16

写真

残りは軍艦巻きに贅沢使いです。

17

写真

またまた作っちゃいました^^やっぱり旬の今だけのいくらは、最高ですね。

18

写真

今年もまたまたいくらの季節仕込みました~

19

写真

煮切り醤油に変えて煮切り白だしに変えたらもっと彩り良くなりました。

20

写真

今年の方が色鮮やかに見えます。こちらも醤油の代わりに白だしです。

21

写真

今年は白出汁メインに漬けました。

22

写真

今年もオレンジの宝石みたいな出来。

23

写真

今年もいくら軍艦にしました~

コツ・ポイント

最初のほぐしの時の塩水は、洗い流すので心配いりません。海水ぐらいの塩水でないとうまくほぐれません。2回目の塩水は、塩辛くすると塩辛さは、元には戻りません。オレンジ色を残したい場合は、薄口しょうゆに変えるといいでしょう。今だけの新鮮いくらです

このレシピの生い立ち

私は、いくらウニがとっても大好きなんですが、家族はダメなんです。ならば自分で作ったいくらを食べてもらおうと14年前から作りだしました。年に1度のいくら丼は、とっても臭みがなくって食べてくれるんです。冷凍したら主人は、もう駄目なんです(笑)
レシピID : 2377573 公開日 : 13/10/17 更新日 : 15/10/08

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

3 (3人)

2015/09/05

写真

わかりやすいレシピありがとう!成功しましたよん。美味!

おいしんぼくらぶ

つくれぽありがとう♪成功したとは感激です。美味しそうですね♪

2013/12/02

写真

やっぱりイクラ丼美味しいです。また作ります☆

Mumuko28

つくれぽありがとう^^モスクワから作って下さって光栄です。

2013/10/28

First tsukurepo mark
写真

新鮮ないくら~プチプチ最高ヽ(*´▽)ノ♪とても美味しかったです

crystaI

つくれぽありがとうございます^^素敵な仕上がりに感激です!