蓋がガラスのご飯窯で炊く ご飯の炊き方

蓋がガラスのご飯窯で炊く ご飯の炊き方
火加減が簡単な「HARIOの蓋がガラスのご飯窯」(3合炊き)で炊く、ふっくら固めでおいしいご飯の炊き方をご紹介します。

材料 (作りやすい分量)

蓋がガラスのご飯窯
3合炊き
白米
3カップ
540ml
小さじ1

1

写真

200mlの計量カップすり切りに米を計る。

2

写真

3カップ分の米をステンレスざるに移す。

3

写真

全体を流水で湿らせる。

4

写真

指先を広げて全体を優しくかき混ぜる。

5

写真

全体に流水をかける。白濁した水が出なくなるまでかけ続ける。

6

写真

ざると同サイズのボウルに「蜂蜜」を混ぜた水を張り、ざるごと水に浸ける。

7

写真

夏は30分、冬は1時間水に浸けたら、ボウルの水を捨て、ざるの水を切って、15分間置いておく。

8

写真

もう一度ざるの水を切って、蓋がガラスのご飯釜に米を移し、540ml(1年古米は600ml)の水を入れる。

9

写真

釜に蓋をしたらガスコンロの強火力バーナーの上に置き、タイマーを11分にセットする。

10

写真

着火と同時にタイマーをスタートさせる。(火力は釜の底を包む感じで)

11

写真

バーナーにセンサーが付いている場合はセンサー解除をする。

12

写真

11分経った頃に蒸気が吹きはじめてピーと鳴り出す。
ピーという音が強くなったら弱火(とろ火)に落とす。

13

写真

弱火にすると同時にタイマーを2分にセットし、スタートさせる。

14

写真

2分経ってタイマーが鳴り出したら強火に戻して10数え、火を止める。

15

写真

タイマーの設定を20分に変えてスタートさせ、ご飯を蒸らす。

16

写真

タイマーが鳴ったら蓋を取り、

17

写真

(炊きあがりのアップ)

18

写真

釜の縁に沿ってしゃもじを差込み底の方からご飯を起こし終えたら完了。
美味しいご飯を召し上がれ。

19

写真

炊く前の米粒(つや姫)の大きさ

20

写真

炊きあがり

21

写真

(これから先はご参考です。)
毎回のご飯の量を一定にするため取りあえず保存容器に一膳分ずつ移す。

22

写真

保存容器+ご飯で145gずつに分けると10杯分とれる。

コツ・ポイント

最初、蒸らしの時間を16分としていましたが、20分にした方がこびりつきが少ないようです。
蜂蜜を入れるとよりふっくら炊きあがりますが、おこげができやすくなります。

このレシピの生い立ち

ご飯は30回噛むと良いと言われていますが、今までは10回噛む前に形がなくなっていました。なんとか30回噛めるご飯を炊こうと研究して見つけた方法です。
レシピID : 2382138 公開日 : 13/10/21 更新日 : 16/07/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

15/02/22

First tsukurepo mark
写真

ツヤツヤふっくら炊けました(≧∇≦)

ルンルンクッキン

れぽありがとう。上手くできて良かったです。