マロンクラシックガトーショコラ

マロンクラシックガトーショコラ
去年作った渋皮煮の瓶詰めが残っていたのと、神戸で有名なケーキ屋(と言えば解るかな?)のチョコレートケーキを再現したくて作ったケーキです。バレンタインデーだったしね。

材料 (15cm型分)

クーベルチュールチョコレート
60g
無塩バター
40g
3個
卵黄用グラニュー糖
40g
ココアパウダー
33g
薄力粉
10g
卵白
2.5個
卵白用グラニュー糖
40g
栗の渋皮煮
6個(大粒)

1

クーベルチュールと無塩バターを湯煎して溶かす。説けた後は冷やさずそのままにしておく。

2

生クリームを湯煎し、人肌に暖める。

3

卵黄を湯煎しながら、グラニュー糖を入れかき混ぜる。人肌になったら、湯煎からはずし、白っぽくなるまで泡立て器でよくかき混ぜる。

4

3に1を徐々に入れかき混ぜる。混ぜ会わせたら、2の生クリームを入れてさらにかき混ぜる。

5

小麦粉とココアを混ぜてふるう。3にこのふるった粉を2回に分けて入れ、ゴムべらを使って、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。

6

メレンゲを作る。卵白に少し砂糖を入れて、かき混ぜ、後2回二分け砂糖を入れ、堅いメレンゲを作る。

7

5に6で作ったメレンゲの1/3を入れてゴムべらでかき混ぜる。残りも2回に分けゴムべらでつやがでるまで混ぜる。

8

クッキングシートを敷いたケーキ型に、7の生地の半分を入れる。

9

1/4に切った渋皮煮を上にのせる。その上に残りの生地を敷き詰める。

10

180度のオーブンで25分ぐらい焼く。焼け具合の確認は、竹串を刺したときに、若干生地がついてくる程度でいい。

11

焼けたら、クッキングシートをはずして、よく冷やす。冷蔵庫に入れて1番保管する。

12

食べるときの付け合わせとして、生クリームを泡立て添える。

コツ・ポイント

あらかじめココアと小麦粉はふるっておく。オーブンはあらかじめ暖めておく。チョコレートと卵黄を混ぜるとき、温度差があるとぼそぼそな生地になってしまうので、人肌の温度を保ってやるときれいに混ざる。ちょっと重いケーキなので、もう少しふわふわ感がほしければ、メレンゲの量を増やしてもいいと思います。

このレシピの生い立ち

バレンタインということもあって、どこでもチョコレートが売っていて、やっぱりチョコレートケーキが食べたい!と思って作っています。自家製の栗の渋皮煮もあったので、途中から入れることを思い立って入れてみました。結局旦那には食べさせていません。
レシピID : 238908 公開日 : 06/02/15 更新日 : 06/02/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

3 (3人)

09/11/06

写真

ルクにビスケット敷いてさらにそれらしく(^^♪本物みたいです~♡

mikiwa

入れ物に入れるとそっくりですね。

08/10/19

写真

濃厚ですっごくリッチなケーキでした!!

緋月ケイ

07/10/17

First tsukurepo mark
写真

美味しかったです。 また作りま~す。

hajimu

あっきぃー 2006年02月15日 18:39
ikiyomiさん、初めまして。すごいですね!!クローネのケーキそのままって感じで!!でも難しそう…ケーキとかお菓子は失敗しそうで怖くてなかなか作れません…オーブンとか使い慣れてないからですかね???
Profile ikiyomi 2006年02月16日 18:49
こちらこそはじめまして。見てくださいましてありがとうございます。
そうです、クローネのケーキをまねしました(笑)
私も結構試行錯誤しながら作っていますが、ケーキ作りは実験だと思っているので、失敗しても仕方がないと思っています。素人ですしね。なので、初めて作ったり、明らかに失敗したのは食べるのが怖いです。
とにかくやってみることが失敗しなくなるための道かもしれません。