ほうれん草を使ったフィレンツェ風クレープ

ほうれん草を使ったフィレンツェ風クレープ
ほうれん草をたっぷりと使ったフィレンツェ名物。体が温まるので冬になったら食べたくなる一品。

材料 (4人分)

クレープ生地
小麦粉
100g
牛乳
250cc
1個
1つまみ
バター(焼く時用)
適量
クレープの中身
ほうれん草
500g
パルメザンチーズ(粉チーズ)
60g
1個
3つまみ
ベシャメルソース
牛乳
650cc
小麦粉
40g
バター
少々
適量
仕上げ用
トマトソース
大さじ6杯くらい

1

写真

まずクレープ生地を作る作業から始める。ボウルに小麦粉、牛乳、卵、塩を入れて、なるべく泡だてないように混ぜる。

2

写真

生地を濾してなめらかにする。冷蔵庫で30分ほど休ませる。

3

写真

鍋でほうれん草を茹でる。※ストウブの場合、水を1cm張って、蓋をして5分。途中で一度かき混ぜる。

4

写真

茹で終えたら冷水でしめ、水気をよく絞る。

5

写真

ざく切りにする。※細かく切る必要はない。

6

写真

ボウルにリコッタチーズ、パルメザンチーズ、卵、塩、ナツメグを入れて混ぜる。

7

写真

ほうれん草を入れてよく混ぜる。これで中身の準備は終了(^-^) 冷蔵庫に入れておきましょう。

8

写真

クレープパンにバター(1cm角の量)をひきクレープを焼く。1枚につきお玉1杯弱の量を使う。

9

写真

端っこがこういう風に乾燥してめくれてきたら、裏返して更に10秒ほど焼く。最後にもう一度返す。

10

写真

4枚重ねてもひっつかないので大丈夫(^∇^)

11

写真

ベシャメルソースを作る。ボウルに牛乳、小麦粉、塩、ナツメグを入れて、シャカシャカよく混ぜる。

12

写真

鍋に入れて、中火でトロッとするまで木べらで常にかき混ぜる。仕上げにバター(2cm角)を入れる。

13

写真

いよいよ最後の仕上げです。先ほどのクレープにベシャメルソースを塗る。

14

写真

その上に7のリコッタほうれん草を塗る。

15

写真

写真のようにクレープをクルクルと回してロール状にする。両端切ると仕上がりがきれい。

16

写真

耐熱容器にバター(分量外)を塗り、ベシャメルソースを少し入れる。

17

写真

15のクレープ(半分に切りました)を入れる。

18

写真

クレープの周りに残りのベシャメルソースをかける。

19

写真

最後にトマトソースを少々かけて、180度に予熱したオーブンで約10分間焼く。

20

★最後のトマトソースはオーブンから出した後にかけると見栄えがよくなる。。基本のトマトソース(レシピID :1269896

21

★好みでベシャメルソースにコンソメやスープストックを使ってもいいです。

22

★クレープ生地は、お玉1杯だと最後の1枚で足りなくなるので、必ず1杯弱にしてください。

23

★ほうれん草の量は300gでも十分に美味しいですよ。

24

【お知らせ】ベシャメルの小麦粉の量を、もう少し柔らかくさせるため、50g→40gに変更しました。2013年11月20日

コツ・ポイント

ベシャメルソースは友達から聞いた時短&カロリーカット版を載せました。難しそうに見えますが、クレープ、中身、ベシャメルソースの三段階と単純に考えるとそう難しくはありません。洗い物が多くなるので、一つの行程が終わる度に洗うと◎。

このレシピの生い立ち

フィレンツェに行った時に食べた地元の名物料理を再現。我が家ではイベント時に作る事が多いです。作り置きして翌日にオーブンで温めるだけという事もできますよ。
レシピID : 2397524 公開日 : 13/11/06 更新日 : 13/12/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

15/11/30

写真

美味しくておしゃれなレシピありがとうございます♪

蔡さん

つくれぽありがとう♪クレープがすごく綺麗に焼けてますね!

13/12/08

First tsukurepo mark
写真

チーズが苦手な人の為に、後がけにしましたが美味しかったです!

日ノ宮

つくれぽありがとう!こんがりといい色に焼けてますね(^O^)