秋の実りの酵素ジュース2013年

秋の実りの酵素ジュース2013年

材料のバランスの加減か、自分では今までで一番美味しくできたと思う、今年で3回目の秋の酵素ジュースです。

材料

A:10/14
ざくろ(1個)
401g
あけび(3個)
336g
柿(2個)
361g
プルーン(1パック)
413g
アレキサンドリア(1パック)
360g
100g
ラディッシュ(6個)
181g
蓮根(1パック)
110g
椎茸(1パック)
111g
エリンギ(1パック)
98g
総量
2471g
2718g
B:10/17
甲斐路(1パック)
403g
巨峰(1パック)
356g
ラ・フランス
327g
無花果(5個)
419g
柚子/黄(1個)
109g
すだち(3個)
71g
むかご(1パック)
107g
菊の花(黄)
79g
総量
1871g
2058g
C:10/21
柚子/緑(6個)
262g
レモン(1個)
87g
かぼす(3個)
217g
みかん(2個)
314g
キーウィ/レインボウ(3個)
203g
りんご/秋映(1個)
320g
プラム/黄(2個)
244g
栗(6個)
154g
銀杏(1パック)
57g
パプリカ/赤(1個)
153g
しめじ(1/2袋)
60g
79g
百合根(1個)
117g
ヤーコン(1本)
112g
インカのめざめ(2個)
151g
ビーツ(1個)
289g
かぼちゃ(1/8)
267g
人参(1本)
157g
金時人参(1本)
147g
里芋(2個)
106g
南天
10g
もって菊/紫(1パック)
44g
雑穀
700g
総量
4250g
4675g
 
A+B+C
8592g
響魂
153g
海の精
310cc

1

7.5Lの容器を度数の高いめの焼酎で拭き、乾かしておく。

2

写真

Aの材料です。

3

写真

アレキサンドリア、巨峰、柿をホッキ貝の農薬除去剤の溶液に10分程漬け、軽くすすぎ、水気を切る。

4

エリンギ、椎茸以外の材料を洗い、水気を切り、③の材料ともども重量を計る。

5

Aの総重量の1.1倍の白砂糖を用意する。
蓋にする分を適量取り分けておく。

6

写真

柿は四つ割し、皮ごと2~3mmに薄切りにする。

7

写真

敷き詰めたお砂糖の上に、切り口が砂糖に触れるよう柿を並べ、砂糖を振り掛ける。

8

写真

蓮根はタワシでよく洗って土を落とし、皮ごと2mm位に薄切りにし、砂糖の上に並べ、砂糖で覆う。

9

写真

アケビは中の種ごとスライス。同様に砂糖の上に並べ、砂糖で覆う。

10

写真

ラディッシュは、
タワでよく洗い土を落とす。
2mm位に薄切りにし、並べたら砂糖で覆う。

11

写真

生姜もよく洗い、皮ごと2mm位にスライスし、並べたら里うで覆う。

12

写真

ざくろは硬いので、手を切らないように気をつけて、できるだけ薄切りにする。
砂糖の上に並べたら砂糖で覆う。

13

写真

椎茸は、石づきを除去し、3mm位の薄切り、軸は縦にスライスし、砂糖の上に並べたら、砂糖で覆う。

14

写真

エリンギは3mm位にスライスし、砂糖に並べ、砂糖で覆う。

15

写真

プルーンは手で割る様に広げ、砂糖で覆う。

16

写真

アレキサンドリアは果汁の飛び散りに気をつけながら、指先で潰し、砂糖で覆う。

17

写真

残しておいた砂糖で表面覆い、容器の蓋をする。
Aの仕込み完了。

18

写真

後片付けが終わるころには、既に少しお砂糖が溶け始めています。

19

写真

翌日、殆ど溶けていますが、底のお砂糖は溶けていないので、掘り起こす感じで、優しく天地返しの要領で撹拌。

20

写真

Bの材料です。
むかご、食用菊は軽く水洗いし、他はホッキ貝溶液に浸けてから、水気を切って重量を計る。

21

Bを仕込む容器を焼酎で拭き乾かしておく。
Bの総重量の1.1倍の白砂糖を用意する。
蓋にする分を取り分けておく。

22

写真

梨は4つ割にして2~3mmにスライス
容器の底に砂糖を敷き詰め、梨を並べ、砂糖で覆う。

23

写真

むかごは、包丁で潰して、砂糖で覆う。

24

写真

食用菊は花弁をむしり、平らに広げ、砂糖で覆う。

25

写真

柚子は半分に切り、3mm位にスライスし、並べたら砂糖で覆う。

26

写真

すだちは、2~3mmにスライスし、砂糖で覆う。

27

写真

無花果は、手で割り、砂糖に沢山触れるように、広げる感じで並べ、砂糖で覆う。

28

写真

甲斐路は、指先で潰す感じで、種ごと並べ、砂糖で覆う。

29

写真

巨峰も潰し、並べる。
残しておいた砂糖で蓋をするように覆う。

30

写真

左:Aの4日目
右:仕込んだ翌日のBです。

31

写真

左:Aの6日目
右:Bの3日目

32

写真

Cの材料です。

33

写真

雑穀は一晩水に浸けてザルに上げ、水気を切る。

34

写真

柑橘類、リンご、パプリカをホッキ貝の溶液に10分程浸けてから、お水でよく洗い水気を切る。

35

写真

タルに砂糖を薄く敷き詰める。

36

写真

みかんは半分に切り、2~3mmにスライスし、砂糖の上に並べ、砂糖で覆う。

37

写真

インカのめざめは、たわしでよく洗い、皮ごと2~3mmにスライスし、砂糖の上に並べ、また砂糖で覆う。

38

写真

銀杏は外の硬い殻を割り、2~3mmにスライスするか潰して、砂糖で覆う。

39

写真

パプリカは2~3mmに切り、種ごと並べ砂糖で覆う。

40

写真

里芋はタワシで、土を洗い落とし、皮ごと2~3mmにスライス。砂糖で覆う。

41

写真

栗は硬い茶色い皮ごと4つ割かスライス。砂糖で覆う。

42

写真

秋映は4つ割りにし、2~3mmにスライス。種も一緒に。

43

写真

ヤーコンはよく洗い、皮ごと2mm位に輪切りにし、砂糖で覆う。

44

写真

百合根はおがくずを払い、手で剥がし、中側もよく洗う。
3mm位にザクザク切る。

45

写真

庭の柚子はまだ青かったのですが、種ごと2~3mmに輪切りにする。まな板に溜まった果汁も加え、砂糖で覆う。

46

写真

金時人参、西洋人参とも皮ごと2mm位に輪切りにし、砂糖で覆う。

47

写真

かぼちゃは切りにくいので、いくつかに切り分けてから薄く切る。
種もワタも加え、砂糖で覆う。

48

写真

ビーツはよく洗い、4つ割にし、皮ごと2mm位にスライスする。

49

写真

キーウィ、かぼすも皮ごとスライスし、砂糖で覆う。

50

写真

プラムは皮ごと乱切りにし、種も加え砂糖で覆う。

51

写真

もって菊は、花弁をむしり入れ、砂糖で覆う。

52

写真

一晩水に浸けた9種類の雑穀を加え、砂糖で覆う。

53

写真

南天は、包丁で押しつぶし、「響魂」を振り入れる。

54

写真

残しておいた砂糖で蓋をする。

55

写真

A:17日め

56

写真

B:14日め

57

写真

最初に仕込んだAよりBの方が発酵が早かったので、A、Bとも同じ日に荒漉し。

58

写真

続けて本漉し。

59

写真

二度漉ししたA

60

写真

二度漉ししたB

61

写真

左がA、右がB
合体させる前にちょっと味見してみました。
材料の違いで色も味も異なっています。

62

写真

仕込んで10日めのCです。

63

写真

二度漉ししたAとBをCに合体させ、更に発酵させる。

64

写真

漉したA、Bを途中で合体させた、仕込んで21日めのC
室温が低かったからか、発酵に時間がかかりました。

65

写真

別のタルにザルを載せ、Cの材料の上から酵素液をかける。

66

写真

ザルの上からビニール袋をかけ、蟻さんが来ないように紐で縛り、一晩かけて荒漉する。

67

写真

荒漉し後の酵素液。

68

写真

タルの上にミルクバックをセットしたザルを載せ、本漉しする。
金魚をすくうネット、洗濯ネットでもOK

69

写真

本漉し後の酵素液。
これで出来上がりとしてもよいのですが、私は海の精」を加えて更に一週間熟成させます。

70

写真

表面に膜の様なものが張るので、網で掬い取ったら完成。

71

熱湯消毒した、保存ビンに移し、冷暗所で保存する。
2L瓶4本と800ccできました。

72

どうせ作るならよりバランスの良い物を・・・と「響魂」、「海の精」を加えていますが、なくてもOKです。

73

写真

いつも使っているホッキ貝の農薬除去剤です。
酵素液を千倍に薄め、改めて千倍に薄めた液で濯いでも除去できるそうです。

74

写真

昆布の成分が豊富な発酵剤「響魂」です。

75

写真

漉した酵素液に加えている「海の精」
必須アミノ酸、フコイダンを含む昆布エキス。雑菌、発酵を抑え、栄養のランスを整えます。

76

写真

荒漉しした材料は、梅酵素とは異なり、食べれ無い物が多いので、洗濯ネットにいれてお風呂に入れるか、肥料にしています。

77

写真

本漉しの際にミルクバックに残った絞りかすですが、素朴な甘さのジャムみたいだったので、タッパーに入れて保存。

78

写真

バタートーストの上に載せたら、ちょっとプチプチしますがなかなか美味でした。

コツ・ポイント

材料の1.1倍の白砂糖でミルフィーユの様に仕込む。
気温によって異なりますが、2週間位かけて発酵させる。
アクや臭いの強い大蒜、ニラ、玉葱、牛蒡、秋ナスはNG。葉物は冷えるそうなので、加えない。
少量、種類多くでより効果が高くなるそうです。

このレシピの生い立ち

尽きた時が死ぬ時とも言われる、生命活動に不可欠な酵素とエネルギー(ATP)を作るミトコンドリアの両方が摂れる事で、自分の酵素を節約し新陳代謝が上がる事を願って仕込んでいます。
朝一に水素水で薄めて飲み、グリーンスムージーの果物の代わりにも。
レシピID : 2410525 公開日 : 13/12/03 更新日 : 14/10/14

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」