キャンティワインとトレビスのパスタ

キャンティワインとトレビスのパスタ

Description

東京ガス料理教室    
100周年記念レシピ
コトコトパスタ代表
金子 琴美

材料 (4人分)

豚肩ロース肉(またはロース肉)
160g
小さじ1
トレビス
75g
タマネギ
40g
キャンティワイン(※1)
150ml
ショートパスタ(リガトーニなど)
350~400g
適量
パルミジャーノレッジャーノ(おろす)
適宜
A
2g(※2)
フェンネルシード
小さじ1/2
ジュニパーベリー(※3 あれば)
5粒
※1 イタリア トスカーナ州のキャンティ地方で生産される、軽めの赤ワインのこと。
※2 皮をむいた後の重さ。
※3 杜松(ねず)の実。スパイスのひとつで、主に肉料理の香りづけに使われる。

作り方

1

豚肉は、包丁かフードプロセッサー粗みじん切りにします。Aは合わせてみじん切りにし、塩とともに豚肉にまぶします。

2

トレビスは1cm幅のざく切りにし、タマネギは薄切りにします。

3

鍋にEXVオリーブオイルとタマネギ、【1】の豚肉を入れて中火で炒めます。

4

豚肉に火が通ったらトレビスを入れてざっと炒め、キャンティワインを加えます。

5

フタをして弱火で煮ます。(コンロ調理タイマー 10分)

6

鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩(湯の1%)を入れてパスタを茹でます。コンロ調理タイマーで茹で時間を設定します。

7

茹で上がったパスタを【5】の鍋に加え、中火にかけながら和えます。

8

ソースが全体にとろりとしてきたら、好みでパルミジャーノ レッジャーノとEXVオリーブオイル(分量外)をかけて仕上げます。

コツ・ポイント

ガスの炎でおいしく作れるプロのレシピです。最新のガスコンロを使えば更に簡単・便利!プロの素敵なレシピにチャレンジしてみませんか。

このレシピの生い立ち

東京ガス料理教室100周年を記念して、東京ガスゆかりの有名シェフや料理研究家が「炎を使って100年後も伝えたいレシピ」をご紹介くださいました。
レシピID : 2423762 公開日 : 13/12/20 更新日 : 13/12/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」