金柑のクレープシュゼット風

金柑のクレープシュゼット風
生の金柑は生食以外に食べようとしても、調理・加工が結構めんどくさい。
そこで、金柑をマーマレードの一歩手前のソースに仕上げて、クレープシュゼットのソース風にしてみました。

材料 (2人分)

金柑
6個
砂糖
大さじ1
水①
250cc
水②
150cc
クレープミックス
1/2袋
たまご
1個
牛乳
80㏄~100cc
バター
10gくらい
水③
100cc
バター(香り付け用)
適宜

1

写真

金柑を半分に切って種を抜いて、さらに半分に切って、1/4にする。

2

写真

水①と砂糖大さじ1杯を入れ、はじめ中火、煮立ったら、弱火にして5分くらい煮る。皮と実が離れてきたら、一度火を止めて冷ます。

3

写真

2の中から、金柑の皮だけを取り出して、みじん切りにする。
その後水②を加え、ママレード状になるまで煮込む。

4

写真

ここではクレープミックスを使用する。
ミックスの箱の分量を基準に、牛乳・バターを加える。
フライパンで焼く場合は分量どおり。クレープメーカー使用の場合は牛乳を2割ほど減らす。

5

写真

我が家の場合は、クレープメーカーを使って、クレープを焼く。

6

写真

ラゾー(写真にある木のへら)を使って、種を広げ、焼く。(慣れないとなかなかうまく焼けない。)

7

写真

生地が固まってきたら、裏返して30秒ほど焼く。

8

写真

3で作ったマーマレード状の金柑を水③でゆるめ、ソース状にする。香り付けにバターを少量入れる。(酒でもよい)

9

写真

8に4~7で作ったクレープを入れて煮込み、味をしみこませる。

10

写真

クレープにソースがしみて、煮詰まってきたら完成!

コツ・ポイント

金柑のママレードソースがこのメニュのポイント。普通シュゼットの場合、オレンジジュースを加えたりするようだが、ここでは金柑の自然な甘味・酸味を生かすためあえて果汁は加えなかた。そのため、ソースは少しドロっとしたジャム状になるが、金柑らしい味が生きていてよい。

このレシピの生い立ち

いただき物の金柑がたくさんあり、生食していたが飽きてしまったため、ひと工夫して消費したかった。ジャムやピール、甘露煮は時間がかかりすぎるが、この方法なら、短時間の調理で新しい味に変えられると思った。
レシピID : 243315 公開日 : 06/03/12 更新日 : 06/03/12

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」