プルーンの赤ワイン煮

プルーンの赤ワイン煮
酸味と甘味がほどよくマッチ。ヨーグルトやシリアルに加えてもGOODです。
サッパリしたものしか食べられないけれど、栄養面や便秘も気になっていた妊婦時代の強い味方でした。

材料 (一回に作りやすい分量(写真は2倍量です))

プルーン(種無しのもの)
1Lb(一袋分)
1/2Cくらいを目安にお好みで

1

写真

ホウロウなどの酸につよい素材の鍋を使います。プルーンを鍋に入れ、ワインをしっかり被る位注ぎます。蓋をして、そのまま一晩置きます。

2

プルーンがワインを吸って柔らかく戻りましたか?では、グラニュー糖を半量加えます。火にかけてブクブク言ってくるまで蓋をしたまま加熱です。

3

蓋を取って、中火から弱火に落とし、残りのグラニュー糖を加えます。お好みで加減して下さいね。

4

表面がフツフツしている状態を保ちながらワインのアルコールを飛ばします。時々ヘラで底からすくうようにかき混ぜます。あまりかき混ぜると粒が潰れてしまうので、ほどほどにね。

5

お汁がとろっとして、混ぜてもアルコールの臭いがしななったら、出来上がりです。火から下し、蓋をしてそのまま室温になるまで冷まします。

6

専用のパックに入れて冷蔵庫で保存しましょう。

コツ・ポイント

ワインを注いだ後、柔らかくなるまで置いておくのがポイントです。
また、グラニュー糖はジャム作りのような感じでかなり多めに加えますが、これもお好みで加減して下さいね。
後はしっかりアルコール分を飛ばします。

このレシピの生い立ち

体に良いと言われる、ドライフルーツやヨーグルトを無理なく食べ続けるには…と考えていた、体調不良の時期に辿り着いたものです。
これもレシピというより覚書ですね。
レシピID : 243420 公開日 : 06/03/15 更新日 : 06/03/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」