春一番すし

春一番すし
主人が昨日アジをいっぱい釣ってきたのでよっしゃあっと。

材料 (4人分)

すし飯 甘さ控えめに
3合分
アジ
10尾
 ★酢:みりん アジがヒタヒタになるくらいに
1:1
大葉 紅生姜 ごま 茗荷の酢漬け適宜

1

写真

すし飯を作ります。このとき生姜のみじん切りをいれると香りがgood !母の形見のすしおけ。

2

写真

前日三枚におろしてうす塩をしたものを翌朝酢水で洗い★につけます。今日は出汁昆布とかつお節も削っていれてみました。

3

写真

3時間位置いた後、引き上げて皮をむきます。豪快!

4

写真

すし飯の直にのせる薬味。自家製の紅生姜。右は紅生姜に新玉葱を混ぜたもの。これはこれで旨い。

5

すし飯を50gくらいに丸めて紅生姜 大葉 アジの順に握ります。

6

写真

これは私の恩師に進呈した分。

コツ・ポイント

簡単な料理なのでトッピングをいろいろ考えてみました。家にあるもので。
茗荷は古漬けを刻んでみました。でも私的にはごまさえあればいうことなし。

このレシピの生い立ち

日向灘に面した当地は魚すしが郷土食です。小さい頃すしといえば握りしか知らなくて引越ししてきてさばのまるまるを使った一本すしを見たときは仰天しました。私の魚すしといえばこれです。亡き母に時々作って持っていったことはなつかしい思い出です。今は主人のために作ります。のろけてすみません。
レシピID : 243730 公開日 : 06/03/14 更新日 : 06/03/14

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」