うちで餃子

感覚でおぼえたものを、どれだけ皆様に伝えれるか、自信は無い。

材料 (匠の12個)

薄力粉
片手1杯
片手一杯チョイ
熱湯
コップに1杯ついで置く
適量
キャベツや白菜
四枚程度 粗微塵
にら
4~5本 粗微塵
豚肉(コマ切れや軟骨ブロックなど)
野菜達より気持ち少ないくらいをたたく
好み
人差し指の先くらいのをすりおろす
塩胡椒
各1.5つまみ
しょうゆ
小匙1.5くらい

1

上3つ以外をボールに入れてよく混ぜる。細かいほど短時間で馴染むよ。

2

ボールに薄力粉、強力粉を入れ、箸で混ぜながら湯を入れる。乾いた塊と粉が少し残ったくらいでストップよく混ぜて、手で触れる位になったらまとめる。水分が少ないようだったら手に水を付けて混ぜ込む。

3

力を込めて1分位捏ねたらまとまって、表面がモケモケの塊になる。ボールに戻して15~20分放置。濡れ布巾を掛けてくれ。

4

生地を台の上に置いて均一になるように捏ねる。表面つるつるになったら大成功。直径2cm程度のボールを作り片栗粉をはたいて麺棒で伸ばす。具のバランスを見て手のひらくらいに延ばす。

5

皮についた片栗粉をペッペとはたき具を包み、餃子にする。
後は煮るなり焼くなり、蒸すなり。

6

*さっぱりがいいなら野菜とショウガを多めに。こってりがいいならニンニクとおしょうゆを気持ち多めに。皮が厚めの方が食べ応え有り。隠し味に和牛の高級牛脂を練りこむと美味しくなるのさ。

コツ・ポイント

皮は捏ねすぎるとだれて、包みにくい皮になる。水分が均等になったら、捏ねが足りないかなと思った時点でやめる。水分が回ったらいいだけのこと。

このレシピの生い立ち

餃子スキ。皮の厚いのスキ。
レシピID : 245274 公開日 : 06/04/05 更新日 : 06/11/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
もぐらとか。 2006年04月07日 01:47
匠のレシピアップついにきた!きましたよ!ヾ(;´Д`)ノ″
強力粉買ったら早速試すべなー!
ヤング係数 2006年04月07日 09:19
ぇぇ、なんとかなんとなくそれっぽいものが出来たような気がする。
。いびつな形でもきにしない。弟に「なんかどこから手を付ければいいのかわからん。。」って言われたけど、気にならない。
餃子のタレを自家製造したいんだども、もぐら殿の類稀な味覚で解明してくれ。
もぐらとか。 2006年04月10日 00:06
いや解明て!
なにやら勝手に託されましたよ!(;´Д`)

料理は見た目じゃないんだぜ。
でも愛情だけじゃ作れないぜ。
みたいな事をケンタロウ氏が言うてたよ。
ヤング係数 2006年04月10日 12:20
ケンタロ氏、いいこといいますな~゜プロってすごいね。
しかし、値段とウマさは比例しない。間違いない。