イサザの磯辺揚げ

イサザの磯辺揚げ
味付けのりでイサザを包むひと手間がポイント。のりの香りがたまらない、海の幸と湖(うみ)の幸のコラボレーション!

材料 (4人分)

イサザ
120g
小さじ1/2
大さじ1
・小麦粉(薄力粉)
カップ1/2(50g)
・卵水(卵1コ+冷水)
60ml
味付けのり(8つ切り)
16枚
適量
わさび
少々

1

写真

イサザは洗ってよく水気を切っておきます。

2

写真

イサザに塩少々し、片栗粉をまぶします。

3

写真

衣を作ります。卵を溶きほぐし、冷水を加えて卵水を作り、ふるった小麦粉を加えてさっくり混ぜます。

4

写真

イサザを16等分し、衣を付けてのりで巻きます。巻き終わりは衣で閉じましょう。

5

写真

揚げ油を中温に熱し、巻き終わりを箸で押さえながら油に入れます。衣が少し固まったら、箸をはなして揚げていきます。

6

よく油切りしてから器に盛ります。わさびを添えて、どうぞ。

コツ・ポイント

琵琶湖の希少な固有種・イサザは、冬~春に獲れます。くせがなく旨みが強い、とても美味しい湖魚です。

このレシピの生い立ち

調理・レシピ監修: 小島朝子 先生   
撮影協力: 滋賀県農政水産部水産課
レシピID : 2472077 公開日 : 14/11/17 更新日 : 14/11/17

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」