殻付き牡蠣のオーブン焼き

殻付き牡蠣のオーブン焼き

Description

殻付き牡蠣ってどうやって食べるんだろう?頂き物をその日のうちに食べるために調べて、美味しくいただきました(*^^*)

材料 (2人分)

殻付き牡蠣
8個
少々
(ポン酢)
少々
たわし
アルミホイル
軍手
小型ナイフ
(キッチンバサミ)

作り方

1

殻付き牡蠣をたわしでゴシゴシ洗う。たわしがなければ、玉ねぎやニンニクのネットを使うと少しは汚れがとれる。

2

写真

天板にアルミホイルを敷く。牡蠣の平らな面を上にして天板に並べて、250度で15分、オーブンで焼く。

3

牡蠣の殻が開いてきたらそろそろ頃合い(^-^)/心配な方はお好みで数分追加で焼きを入れてもよい。

4

軍手をつけてオーブンから取り出す。この時、汁で火傷しないよう持つ所を上にすること。汁も美味しいので、皿にとるとよい。

5

写真

小型ナイフを殻と殻の間に差し込み、殻を開ける。難しいときはキッチンバサミで殻の縁を切り落とし、差し込み口を作って差す。

6

写真

殻を開けたら貝柱をナイフで切り、剥き身を取り出す。殻に入れたままレモン汁やポン酢をかけても美味しい。

コツ・ポイント

新鮮な生食用なら焼き時間15分以下でも大丈夫。オーブンでなくコンロでもできますが、火力の調節が面倒かな、透明な蓋などで殻の開き具合が見える方が楽です。日が経っているものはお腹を壊すといけないのでしっかり火を通しましょう。

このレシピの生い立ち

頂き物の殻付き牡蠣、その日のうちに食べるために調べてみました!意外となんとかなるものですね(*^^*)
レシピID : 2500889 公開日 : 14/02/12 更新日 : 14/02/12

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

10 (10人)

2021/02/08

写真

オーブン最高ですね!家族からも大絶賛でした。ご馳走様祝10人!

よし坊

2020/12/25

写真

フライパンで蒸すより断然風味豊かです。また作ります。

縞栗鼠冬眠中

2020/05/10

写真

2回目です。焼いている時間に他のことができるのでたすかります。

あおいゆうきっ。

2020/05/05

写真

初めて殻付きを焼きましたが、簡単に美味しくできました。温度や時間など参考になりました。

OmoNikki