簡単◎おばあちゃんの風邪薬

簡単◎おばあちゃんの風邪薬

Description

「やく」人気検索ランキング第1位獲得!風邪の時に祖母がいつも作ってくれました。スポーツ選手で薬を飲めない夫の魔法のスープ

材料 (1人分)

焼き梅干し
2個
ねぎ(小口切り)
5センチ程度
熱湯
お椀1杯分

作り方

  1. 1

    写真

    魚焼き器などで梅干しを、少し表面がこんがりと、焼き色がつくぐらいまでじっくりと弱火で焼きます。

  2. 2

    写真

    梅干しを焼いている間に、生姜のすりおろし、ねぎの小口切りを用意します。

  3. 3

    写真

    梅干しが焼けたら、全てを器にもって。今日は小さい梅干しなので3つ。

  4. 4

    写真

    熱湯を注いだら出来上がりです。
    梅干しをほぐしながらいただきます。

  5. 5

    写真

    梅干しをほぐすとほんのり赤い色が浮かび上がります。
    汁を飲みきったら、またその上から熱湯を注いでも美味しくいただけます。

  6. 6

    写真

    2014年2月25日「やく」人気検索ランキングで1位になりました!皆様いつもありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

コツ・ポイント

梅干しを焼くことにより注目成分ムメフラールが誕生!生姜やネギと一緒に食して相乗効果を。梅干しを焼くことだけに集中すれば◎番茶や緑茶を注ぐアレンジも◎
いただく時は梅干しをほぐしてスープに溶かしながら。果肉を少しずつ食べすするような感じです。

このレシピの生い立ち

私が風邪をひくと必ず祖母が作ってくれた思い出の味。祖母から受け継ぎ、夫が風邪の度に出してきましたが、自然の旨味や酸味が癖になり、普段でも「焼き梅干しのが食べたい!」と言われるように。心身の疲労回復、身体を中からしっかりあたためたい方にも!
レシピID : 2504955 公開日 : 14/02/15 更新日 : 21/10/02

このレシピの作者

山瀬理恵子
アス飯®︎料理研究家【アスリート食/専門は植物化学】元小学校教諭/著書にアス飯レシピ(京都新聞連載書籍化)/三浦知良選手を超え遠藤保仁選手に次ぐJ歴代2位、23年連続ゴール記録及びJ通算617試合超えを達成したサッカー元日本代表プロ23年目の現役Jリーガー山瀬功治は夫。北海道うらほろアンバサダー。大学他各教育機関にて栄養講演・メディア出演多数。https://yamasefamily.com/

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

41 (38人)
写真

2020年3月9日

焼き梅干しの風邪の時のレシピを探していました。とても温まりました。

写真

2017年11月16日

体が温まって効きそうです♡ありがとうございます。

ポカポカあたたまり梅干しは焼くことにより成分が変化です!感謝

写真

2017年11月1日

喉が痛くて作りました!体が温まりました(^^)

喉の痛みはおさまりましたか?早く良くなりますように(^^)

写真

2017年6月26日

風邪なので作ってみました!

体調はいかがでしょうか!?よくなっていますように!感謝です!

ログイン
「いいね」を伝えるにはログインが必要です
ログインする
0 いいね