カレー味のクスクスサラダ

カレーの辛さがほんのりのクスクスに、ドライクランベリーの甘さとフルーティーなドレッシングをかけたあっさりサラダです。

材料 (4人分)

クスクス
3/4カップ
ドライクランベリー
大さじ4
グリーンピース
1/2カップ
こさじ1/4
お湯
1カップ
小ねぎ
大さじ1
フレッシュバジル
大さじ1
ひよこ豆の水煮缶(ガルバンゾビーンズ)
1/2缶
大さじ3
大さじ1
オレンジジュース
大さじ1/2
粗挽き黒ゴショウ
少々
2かけ

1

サラダを作る。小ねぎは小口切りに,バジルの葉はみじん切りしておく。クスクスからカレー粉までの材料を大きなボウルに混ぜ合わせる。沸騰したお湯を加え,蓋をして約5分ほどそのまま置く。

2

蓋を取り,フォークでクスクスをほぐすように混ぜる。粗熱をとり、小ねぎ,バジルの葉、缶から取り出し水を切ったヒヨコ豆を加える。

3

ドレッシングを作る。器にレモン汁からみじん切りしたニンニクまでの材料を混ぜ合わせる。クスクスサラダ全体にかかるように円を描きながらドレッシングをかける。ラップをし,冷蔵庫で約1時間ほど冷やしてからいただく。

コツ・ポイント

雑誌Cooking Lightより参考 ドライクランベリーが手に入らない時はレーズンでもいいですよ。

このレシピの生い立ち

レシピID : 25262 公開日 : 01/07/16 更新日 : 01/07/16

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
Megumi 2001年11月02日 13:19
私もエンジェルフードケーキはほとんど作りません。理由はじゅのさんと同じで、「卵白をたくさん使う=卵黄を使ったお菓子をたくさん作ることになる」からです。結局卵を10個食べたことになっちゃうから、怖くて卵が多いお菓子はなるべく作らないようにしています。

Taste Of Home,知らないなあ。アメリカの雑誌ですか?ローファット&ローソディウム製品で面白いのは、アメリカってこんなにいろんなものが揃っている国なのに、そういうことを気にする人ってほんのひとにぎりで、たいていの人は体重や外見、健康を気にしないんですよね。・…だから太った人が多いのかも。逆に日本人は気にしすぎるくらい体重や外見を気にしますよね。日本に帰ったときに皆があまりにも細くて「ああ、日本にはもう住めない」と思いました。・…それにしてもその韓国人の友達は何者だ~!日本人が太っていると言うのなら、アメリカ人は何ナノ?!
じゅの 2001年11月02日 18:24
あれれ?Taste of homeってそんなに知られてないのかなあ?アメリカの雑誌ですが、ちょっと変わってるんです。広告が一切載っていなくてレシピや料理記事のみ。それも切り離すとそのままレシピカードになるという雑誌です。プロがレシピを紹介しているのではなく、Megumiさんのようなアメリカ在住の普通の女性たちがレシピを持ち寄って編集しているそうです。スポンサーが付いていない分、私も店頭では見掛けた事が無かったなあ。結構色んな人のおうちでは見掛けましたが、私みたいに定期購読しているのかもしれないですね。

その韓国人の友達はアメリカにいた頃のルームメートだったんですよ。彼女は「アメリカの料理って香りにまで脂肪がいっぱいのような気がする」などと言って恐れていました。大袈裟だなあと思っていましたが、その後韓国に行った時に納得。私もMegumiさんのように「うわー、みんな細い!!」と思いましたもん。おじさんもおばさんも1人も太った人がいない。一番ショックだったのが、お土産にジーンズを買おうと思ってお店で28インチと言ったら「うちは一番大きいのが27インチなの」といわれた事。一体何%のアメリカ人が27インチのジーンズをはけるのやら・・・。

ところで最近忙しいのでスープを作り置きしているんです。昨日、またCooking Lightから作っちゃいました。かぼちゃの特集コーナーにあったカレー風味のポタージュです。レシピを半量にして作ったのにかなり大量。しばらくスープの日が続きそうです。しかし、何でアメリカの汁物って10人分とかなんだろう。
Megumi 2001年11月03日 01:54
じゅのさんが購読している雑誌はメンバー制の雑誌かもしれませんね。私も一時期メンバー制のお料理雑誌を購読していましたが、あまりよくなかったので止めました。

確かに韓国人で太った人って見ないですよね。でもそのわりにけっこう食べてるでしょ?どうやってあのカロリーを消費しているんだろう???ジーンズのサイズですが、日本のインチって本当のインチのサイズと違うって知っていました?アメリカはもちろんインチ表示ですが、私がこっちでジーンズを買うと24インチなんです。(このサイズが一番小さいアダルトサイズで、その下は子供用サイズになってしまいます)でも24を置いている店がほとんどないので、去年日本に帰ったときにジーンズショップに行って買うことにしたんです。で、お店の人に「24ありますか?」って言ったら、「え??日本にある一番小さいサイズは26よ」だって。日本人は皆細いのにそんなはずはない!と思い、26を試着させてもらったら、私にピッタリ。そう、日本のインチサイズはアメリカのインチサイズより小さく作られているんです。でも日本のジーンズって安くても8000円くらいしちゃうでしょ?結局1本しか買えませんでした。(だって、アメリカだったらリーバイスでも4000円くらいなんだもん…でも私のサイズはなかなかないんですけどね)今度サンフランシスコに行ったときに、リーバイスショップで自分のジーンズを作ってこようと思っています。

ウン、確かにアメリカのレシピって6~8人用とかが多いですよね。でもそんな大家族、今はいないと思う。…ってことは、4人家族でそれくらいの量を簡単に消費しているってことかな?(怖いかも・・)
じゅの 2001年11月05日 10:02
そうそう、友達の家でもごはん(お米)の量が多くてびっくりしましたよ。でも、めちゃくちゃ辛いものが多いし、何よりおやつを食べる習慣が無いから太らないんだなと睨んでおります(これにはびっくりしました)。そう言えば遊びに行ったのがクリスマス前後だったのでデコレーションケーキを買ったのですが、何故か苺ではなくプチトマトが乗っかってました。韓国では普通の事らしくて誰も驚いていませんでしたが。

そうそう、違うんですよね。私も買いに行った時サイズがよく分からなくて結局試着ばっかりしていました(靴も)。ただ、カラーが薄いのばっかりで結局買わなかったのですが。ドラマや映画を見てても思うのですが、はき古したって感じの薄い色が人気じゃないですか?日本じゃ濃い紺色が人気なので、感覚が違うのかなーといつも思っています。パステルピンクのトップに空色のジーンズなんて日本人じゃ無理だもんなあ・・・。

MegumiさんKISS dollって知ってますか?どうやら日本製の着せ替え人形みたいなもので、子供の間で流行ってるらしいんです。カナダの友人が娘に贈りたいらしいのですが(シングルファーザーなんです)、X’masなので本場物を探しているんだそうです。私は「それ何?」って感じなのですが、そんなものがあるんでしょうか?
Megumi 2001年11月07日 02:08
めちゃくちゃ辛いものが多くて…って言うので思い出したんですが、私のバイトしている日本食やさんでいっしょに働いている韓国人の女の子がいるんですけど、彼女、どんな食べ物にでもタイ産のレッドホットソースを欠かさずかけて食べています。…はっきり言ってソースの味しかしないんじゃ???って言うくらいたっぷりかけて食べているんですよ。あと、韓国人のお客さんが来ると必ず「ホットソースください」って言われるんです。お寿司だろうが、天ぷらだろうがなんにでもかけて(それも真っ赤になるくらい)食べているんですよね。実は韓国人って味覚音痴?!

最近じゃ濃い紺色のジーンズも流行っていますよ。ただ、アメリカの場合流行っていたとしても日本みたいにみんなが着るっていうわけじゃないので、はっきりとした流行みたいなのが分からないですけどね。

Kiss Doll,知らないなあ。保母さんの仕事から離れて以来、子供の流行っているものが全く分からなくなってしまいました。もしかしたらこっちでも流行っているかもしれませんね。
じゅの 2001年11月07日 10:03
そうそう、ルームメートも韓国からキムチの大ビンをかかさず送ってもらってましたよ。アメリカにだって売ってるじゃないと言ったら「味が全然違う。アメリカナイズされてるんだもん。」とのこだわりでした。実家に遊びに行ったらおかずにお刺し身が出たのですが、お醤油ではなくコチュジャンでした。帰る頃にはその激辛味に慣れている自分が恐かったです。

ところで表紙のクッキーブック、いいですねー。ダイエット中の自分には辛い所ですが・・・。作りたい+食べたい気持ちを我慢しつつ今の所「ふ菓子」で我慢しています。これからそちらはクッキーシーズンですよね。沢山焼いてもあっという間に無くなるのが恐いですが。私は去年、マーサではなく、デビー・フィールズのレシピで作りました。今年はどうしようかなあ・・・。マーサの本、IZUMAさんは買ったみたいですね。Megumiさんのレシピ、楽しみにしてます。

そう言えばアイスクリームメーカーを買ったんですよ♪Megumiさんのレシピもちゃんとチェックしてしまいました。紅茶のジェラートを作ろうかと考えてます。
Megumi 2001年11月08日 01:17
私の友達もお母さんの手作りキムチを送ってもらっていましたよ。キムチってお家の味でしょ?(日本で言ったらお母さんの煮物の味って感じなのかしら?)やっぱり市販のじゃあおいしくないんでしょうね。私はキムチではないんですが、だしとお醤油は母から送ってもらっています。こっちに来たばかりの頃は、日系スーパーで手に入るだしとお醤油を使っていましたが、味がぜんぜん違うんです。(特に煮物をしちゃうとすぐわかる!)小さい頃から食べなれているものってやっぱり手放せないものですね。

私も一応ダイエット中・…なんですが、やっぱり作っちゃいます。これだからちっとも痩せないんだよなあ。表紙で紹介しているMarthaの雑誌、すごくいいですよ。前々から「Marthaが紹介するおいしいクッキーの本が出ればいいのに」と思っていたので、これを手にしたとき感動!彼女のクッキーは本当にどれもおいしいんですよね。

あれ?アイスクリームメーカーはクリスマスまで待つのかと思っていました。紅茶のジェラート、おいしそう!私も抹茶のアイスを作ろうかなーと思っているところです。
じゅの 2001年11月08日 11:13
うーん、やっぱり違いますよね。日本に住んでいても安いお醤油はやっぱりそれなりの味がしますもん。同じようにベトナムやタイの人はアメリカのフィッシュソースに落胆してるのかなあ?アメリカは簡単にいろんな物が揃う反面、本格的な物って少ないのかも知れないですね。煮物、ご主人はあまり好きじゃないんでしたよね?いっぱい作るほど美味しいんですけどねー。

Marthaの本は今までのクッキーレシピの集大成なんですよね?何種類ぐらい紹介されてるんでしょうか?毎年この時期になるとクッキーの本が欲しくなります(そんで結局買ってる)。今年もまたamazonで検索しつつ迷ってます。リッチなクッキー食べたってMegumiさんは大丈夫ですよー、ダイエット。だって日本で一番小さいサイズのジーンズがはけるんだもん!!

アイスクリームメーカー、本当はクリスマス計画だったのですが、当てに出来なくなってしまって自分で買っちゃいました(安かったし)。彼のお父さんはコンピューターの技術者なのですが、シアトルの企業を辞めてSFでロングバケーション中らしいです。日本人離れしている人なので、今度はいつから、そしてどこの国で働くのやら。数え切れないほど転職しているので、彼は慣れたものですが。しかし子供は子供っていう感じなので、彼は両親のバケーション中、自分で生活費を稼がないといけなくなったんですよー。今年のクリスマス、かなりささやかになりそうです(とほほー)。
Megumi 2001年11月09日 01:34
こっちに売ってある醤油となると、キッコーマンが一般的です。(こっちに輸入されているものはどうしても関東中心なのでそうなっちゃうみたい)私にはキッコーマンって塩辛すぎるんですよ。九州のお醤油は甘めなので、それでどうしても煮物が辛くなっちゃうんです。きっと関東の人に言わせれば「九州のお醤油は甘すぎる!」のかもしれませんけどね。(笑)

Marthaのクッキーの本は今までMarthaがMartha Stewart Livingの12月号に載せていたクリスマス用クッキーの大集合です。(100種類って書いてありました)彼女、テレビ番組では毎週新しいクッキーを紹介しているんですが、そっちのクッキーは全く載っていません。私としては、彼女が今まで紹介してきたクッキーを全て載せた本が(雑誌じゃなくって)欲しいんです。彼女のクッキーは本当においしいんですよね~。昨日も一口サイズのレモンクリームチーズタルトを作っていたんですけど、すごく簡単にできておいしそう!早速レシピをダウンロードしちゃいました♪

いえいえ、私のジーンズが小さいのは体が小さいからなんです。・・…私、150cmないんですよ。しかも顔がお子チャマなので、ラスベガスなんかに行った日にはドライバーズライセンスが欠かせません。(よく中学生か高校生に間違われるんです)

今私がすごく欲しいのは、デロンギ社のコンベクションオーブン。コンベクションオーブンと言ってもトースターサイズで、いろんな機能がついているんです。でも高~い!きっとクリスマスにねだっても買ってもらえないだろうなあ。

彼のお父さん、会社を辞めてSFでロングバケーションだなんて、なんかすごいですね。そういった感覚って日本人じゃないかも。(私だったら次の職探しに狂っていそうだなあ)

じゅの 2001年11月09日 16:57
あー、確かにキッコーマンが多いですよね。海外で見る度に頑張ってるなーと思いますもん。九州のお醤油は甘目なんですね、初めて知りました。多分、東北はもっと塩辛いと思います。漬物に醤油をかけて食べる人も多いくらいですから(もっとも中年以降の人ですが)。

マーサのクッキー、たべたーい!amazonUSAに行くともうクリスマスクッキー本の大特集です。ケーキはミックス粉で作ってもクッキーは手作りっていう人が結構多いですよね。私は最近バーやらスクエアばっかり作ってます。楽だからという単純な理由(笑)。大きなツリーでもあればクッキーもラップにくるんで飾りたいもんです。Megumiさんちは毎年ツリーを買いに行くんですか(いっぱい植えてありますよね)?

デロンギのオーブン、グアムで山積みにされて格安バーゲン品になってました・・・。死ぬほど欲しかったのですが、電圧の事とかがまーったく分からないので泣く泣く諦めました。ピザストーンが付いてるやつですよね?そちらでもやっぱりデロンギは高級品なんですね。

彼の両親の感覚は私も?です。電気が通ってる場所ならどこででも仕事が出来るらしいので、色々な所を渡り歩いているらしいです。バケーションと言って2年も仕事をしないでいた時期もあるらしい・・・(彼はその時世界中を連れ回されて迷惑だったと言ってました)。今度はどうなるのか、卒業まで自分で授業料を稼がなきゃとブーたれてます。いくら転職がハンデにならないアメリカでもそういう人は少ないと思うなあ。
1 2 3 4 5 次へ»