穴子とごぼうのオムライス

穴子とごぼうのオムライス
大根おろしと葛あんをかけて、あっさり和風に仕上げたオムライスです。粉山椒を効かせているので、葛あんはかけなくてもかまいません。 穴子巻きや穴子丼を玉子で包んだような感じでもありますが。 穴子の代わりに鰻でも、また蒲焼でもOKです。
nin nin

材料 (1人分)

穴子(白焼き)
1/2尾
ごぼう
30g(10cm程度)
蒲焼のタレ
大さじ3杯
小さじ1/8杯程度
ご飯
茶碗1杯
玉子
2個
(葛あん)
 葛粉
1~2g
 水
50cc
 ゆずぽんず
小さじ1と1/2
 大根
30g程度

1

写真

穴子の白焼きを7mm角程度に切る。 ごぼうは3mm角程度に切る。

2

写真

熱したフライパンに油をひき、ごぼうを入れて中火で炒める。

3

写真

ごぼうが少ししんなりしたら、穴子を加えて炒める。

4

写真

穴子の身に焦げ目が少しついたら、蒲焼のタレを加えて全体に混ぜる。

5

写真

タレが少し煮詰まったら、ご飯をほぐして加えて粉山椒をかけ、タレが全体に行き渡るようにご飯を混ぜる。

6

写真

熱したフライパンに油をひいて溶き玉子を流し入れ、ご飯を薄焼き玉子で包む。

7

写真

水に葛粉を溶かして弱火にかけ、透明になってきたらゆずぽんずを加えてからとろみを調節する。

8

おろして汁気を切った大根をオムライスの上に載せ、その上から葛あんをかける。

コツ・ポイント

白焼きを使っていますが、蒲焼を使うときは蒲焼のタレの量を調整してください。 今回はごぼうの味も欲しかったので水にさらしていません。 タレを先に具に絡ませてからご飯を加えると、タレがご飯全体に行き渡りやすくなります。 葛粉を溶かして火にかけるとき、透明になってから焦げるまでが早いので注意。

このレシピの生い立ち

神戸に行ったときに食べたランチのオムライスを参考にアレンジ。食べたものは野菜の旨味いっぱいのコンソメ葛あんでしたが、さっぱりしたものにしたかったのでゆずぽんずを使いました。
レシピID : 252656 公開日 : 06/05/07 更新日 : 06/05/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

13/07/25

First tsukurepo mark
写真

鰻で作りました!美味しかったです(^-^)また作ります。

ボンボンライチ

変わり種のレシピを作っていただきありがとうございます。