ひよこさんちの「いかなごの釘煮」

ひよこさんちの「いかなごの釘煮」

Description

瀬戸内の春の便り、「いかなごの釘煮」です。
毎年何十キロも炊きます。
※20140309山椒バージョンに追記

材料 (1キロ分)

いかなご(新子)
1kg
250g
250cc
50cc
50cc
1/2個分

作り方

1

写真

いかなごは1キロずつパックしてあるのをできるだけ新鮮なうちに買って来る。
買ってきたら必ず当日に炊いてください。

2

写真

ざるに取り丁寧に洗う。
高いところから水を落として洗わないようにしてください。
洗ったら水を切っておく。

3

写真

鍋にざらめ、濃口醤油、みりん、酒、千切りにしたしょうがを入れて沸騰させる。

4

写真

調味料を入れた鍋を沸騰させる。
がんがんに沸騰させてください。

5

写真

沸騰したところにいかなごを一掴みずつ入れる。
泡がおさまってまた沸騰したら入れるをくりかえしてください。

6

写真

いかなごを全部入れたらまた沸騰させる。

7

写真

このぐらいの状態で煮ていきます。
絶対に触らないでください。

8

写真

煮汁が減っていかなごの色が黒くなり、固まってきたら「鍋返し」をして底から返して混ぜます。

9

写真

煮汁がなくなるまで煮詰める
焦がさないように気をつけて。

10

写真

煮えたらザルに上げて冷ましておきます。
冷めたら長期保存できます。
パック詰めも完全に冷めてから。

11

写真

今回はショウガを入れましたが、山椒の佃煮を入れて山椒風味、水あめを入れて固めにすることもあります。
1キロに1袋が目安。

12

2014年3月16日カテゴリ「兵庫県」「その他お魚いろいろ」に掲載されました。

13

2014年4月1日「ひよこ」の人気検索でトップ10入りしました。

コツ・ポイント

いかなごは必ず新鮮なものを買ってすぐに煮ること。
煮立って固まってくるまで絶対に触らないこと。
いかなごが小さいうちはみりんを多め、大きくなってきたら酒を多めにして固さを調節してください。

このレシピの生い立ち

子供の頃から母が毎年炊いていた「釘煮」です。
今は私が受け継いで、毎年親戚友人知人に送っています。
解禁当初はかなり小さく柔らかく仕上がるので、それはこの人に、大きくなってきたらこの人に、と大きさ固さも炊き分けています。

レシピID : 2532140 公開日 : 14/03/06 更新日 : 14/04/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

14/03/30

写真

漁師さんからお魚を頂いて、初めてのくぎ煮!美味しくできました!

のっぽさんと仲間たち

漁師さんからと羨ましい新鮮さです。成功してよかった~♪

14/03/10

First tsukurepo mark
写真

ここ数年炊いていましたが、今回のレシピが一番好みの出来です♪

hapiko77

母の味に素敵なコメント感激です!本当にありがとうございます♪