保存版レシピ☆やさしい甘さの基本の粒あん

保存版レシピ☆やさしい甘さの基本の粒あん

Description

おいしい小豆を使って、きび砂糖と黒糖とおいしいお塩で作るやさしい味のあんこです。甘すぎず小豆の味をしっかり感じます。

材料 (できあがり600g程度)

小豆
300g
きび砂糖や甜菜糖など(※コツ参照)
120g~
30g~
小さじ3/4
水飴(または麦芽水飴)
30g(約大さじ2)

作り方

1

小豆を洗い、細かいゴミや傷んでいる豆は取り除く。ざるにあげる。

2

小豆の上5センチぐらい水がかぶるように水をいれて火にかける。沸騰したら中弱火に。

3

途中あくが出たらすくう。いい小豆なら渋抜きなどはしなくて大丈夫。気になるなら、一度沸騰したときにお水を一度捨ててください

4

水が足りなくなりそうだったら、その都度すこしずつ足します。
※足しすぎないように注意)

5

写真

小豆がお好みの固さになったら、一度ざるにあげて余分な煮汁はとっておく。【ポイント3・4参照】

6

写真

砂糖と塩をいれて弱火にかけ、よく混ぜて、5分ほど煮る。水飴をいれて味を調節し、火からおろす。

7

パッドなどにラップを敷き、そこにあんこをいれてさらに空気がはいらないようにラップで覆う。あら熱を取りできあがり。

8

【ポイント1】あんこは冷めるとかたくなるので、温かい時は作りたい固さよりも若干柔らかい感じで大丈夫です。

9

【ポイント2】粒あんの粒をあまり残したくないときは、砂糖をいれたときにつぶすように混ぜてください。

10

【ポイント3】砂糖をいれたらそれ以上柔らかくならないので、しっかりと火が通ってから味はつけるようにします。

11

【ポイント4】とっておいた煮汁は、やわらかめのあんこを作りたいときに足します。使わない場合もお汁粉のようにして飲みます

12

写真

※こしあんレシピ(話題入り)もおすすめです♪
レシピID : 2168492

コツ・ポイント

この量だと小豆の味がしっかりと感じられるちょうどよい甘さ。控えめだと感じたら増やしてください。
甜菜糖だとまろやか、きび砂糖だと昔ながらの味に。もちろん他のお砂糖でも。

このレシピの生い立ち

いつも作っている基本のあんこの配合。
作りやすい分量での記録。
レシピID : 2550035 公開日 : 14/03/30 更新日 : 14/04/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」