姿勢のいい海老フライ

姿勢のいい海老フライ
冷凍食品のような、まっすぐな海老フライを作ります。 私は衣をつけた状態で3尾ずつ冷凍して日々のお弁当に使っています。

材料

海老(6~7㎝のもの)
15尾
約1カップ
薄力粉
適量
1/2個
適量

1

写真

まず、ケンを取ります。尻尾の中央のこの部分。 上に反らせるようにポキッとやってやると、カラだけ外れます。

2

写真

尻尾側から足をこそぐように取り、 ぐるりとカラをむきます。最後の部分だけ残すようにします。 その次の部分(矢印)から背わたを取ります。

3

写真

腹側を上に向け、 斜めに包丁を3~4ヶ所入れます。

4

写真

こんな感じ。

5

写真

更に腹を手前にして尾を向こう側に置き、斜めに切り込みを入れます。 裏側も同様。

6

写真

尾の処理をします。重ねて斜めに先を切り落とします。

7

写真

こそぐようにして、中の水分を出します。 これで黒ずむことなく、きれいな赤に揚がります。

8

写真

これで出来上がり。

9

尾の部分を持って薄力粉をつけ、 溶き卵に残った薄力粉と水少々を加えたものを潜らせ、 パン粉をつけます。

10

写真

170度くらいの油で、カラリと色良く揚げます。

11

写真

今回は子供のお弁当で、こんな感じに詰めました。 (*^^*)

12

写真

これは大人用。

コツ・ポイント

切り込みは浅すぎてもダメ、 深すぎてもダメです。 よく観察すると表面と中と、肉が二層に分かれているのがわかると思いますので、その深さを目安としてください。

このレシピの生い立ち

栄養士時代に覚えました。
レシピID : 256714 公開日 : 06/05/28 更新日 : 11/04/05

このレシピの作者

カイサと申します。「娘に伝えたい我が家の味」中心のレシピを載せています。(女子農高生弁当は2015年5月よりお弁当アプリに移行。)
レシピではちょっぴり塩分控えめの、キミセ醬油のまろやかを愛用。

甘党の夫は神戸に単身赴任、長女は独立して北海道へ、大学生の次女は山梨で一人暮らし、私はハムスターと共に横浜の離散家族。^^;

趣味は、 映画・海外ドラマ鑑賞、手芸など。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

29 (24人)

16/08/21

写真

上手に出来ました\(^o^)/

EDOMOCO

ありがとうございます。お弁当要員にぜひ冷凍常備して下さいな。

14/09/29

写真

あまり姿勢よくありませんが(笑。今年も運動会にお世話になりました

P子ママ

いつもありがとう!運動会お疲れさま。豪華なお弁当美味しそう!

13/07/11

写真

短い海老でしたが見栄え良くできました。子どもたち喜びました!

ミーリュウ

ありがとうございます。見事に整列していますね!v(^o^)

13/06/07

写真

運動会のお弁当に♪みんなで奪い合いでした。ごちそうさまです。

P子ママ

リピありがとうございます。豪華な運動会弁当、美味しそう!^^

1 2 3 4 5