ハーブを効かせたドイツのハンバーグ

ハーブを効かせたドイツのハンバーグ

Description

ドイツのハンバーグです。パプリカ粉とマジョラムの効いた、しっかり味のハンバーグです。

材料

合挽き肉
500g
玉ねぎ
1こ
ひとにぎり
たまご
1こ
マジョラムかオレガノ
小さじ2
パプリカ粉
小さじ1
乾燥イタリアンパセリ
小さじ1
小さじ1
小さじ1
マスタード
小さじ1

作り方

1

たまねぎの皮をむき、細かいみじん切りにする。(バターで軽く炒めてもよい。お好みで)

2

ひき肉に、全部入れてよくまぜる。

3

ここまでの手順で少なくとも10分から15分かける。よく練れば練るほど美味しくなる。

4

あまり小さくならない様に、楕円型に丸め、小麦粉を振った台に並べる。

5

重いフライパンに、良いマーガリンを溶き、フリカデレを並べる。

6

1~2回気を付けてひっくり返しながら高温短時間で焼き目をつける。

7

中火もしくは弱火で10-20分焼き、中まで火を通す。

8

1つのフライパンで一度にたくさんのフリカデレを焼こうとしないこと。

コツ・ポイント

日本のハンバーグの様に、ジューシーというよりはしっかりとした食感に仕上げた方が、より現地っぽいです。

このレシピの生い立ち

ドイツのハンバーグ、Frikadelle(フリカデレ)/Fleischpflanzerl(フライシュプフランツェル)です
ドイツのレシピサイトを参考に、日本でも作れる材料と分量にアレンジしました。
レシピID : 2567449 公開日 : 17/10/17 更新日 : 17/10/17

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」