肉汁No1メバルのから揚げ

肉汁No1メバルのから揚げ

Description

揚げ油を劣化させないのでメバル本来の香、味わいを楽しめ、健康に良く、経済的で、かつ廃棄の手間もなく、地球環境に良い。

材料 (ふたり分)

メバル(春告魚)
一匹
キャベツ(ざく切り)
適量 水にさらさない味が抜けます。
から揚げ粉(市販品)
適量
推奨揚げ油
合成油は使用しない
1 ナタネ油
加熱処理していないもの
2 オリーブオイル
エキストラバージンオイル
市販の揚げ油は合成油が多いので確認の上購入しましよう
トランス脂肪酸が入っており体に良くありません。

作り方

1

写真

三枚におろし、皮はつけたまま一口大に切り、から揚げ粉をつけ130℃に加熱した揚げ油にいれると約三分で仕上がります。。

2

写真

揚げ油はステンレスのザルにタオルもしくはガーゼでろ過します。

3

写真

電気のお鍋で揚げると温度管理がしやすく連続してつくれます。

4

写真

従来の調理温度では20分で酸化し(毒物)、さらに重合(黒く変色=ポリマー化)するので肝臓、腎臓の重大な病因となります。

コツ・ポイント

メバルの旨みを逃さないため揚げ油の温度は130℃以上にしない。食感だけ味わうのであれば従来の温度で揚げ、揚げ油は一回で廃棄します。従来の温度では20分で酸化し健康によくありません。
下痢、胸やけ、油酔いの経験はありませんか?

このレシピの生い立ち

東京で三代百年続く「伝統調理法」作曲家三枝成彰さんが日本一と絶賛する「とんかつ」のフライバージョン。130℃で揚げるのでメバルの旨みを味わえ、揚げ油がいつも新鮮な状態にあるので「健康に良い血液サラサラ」のから揚げができます。^^
レシピID : 2585383 公開日 : 14/04/13 更新日 : 14/04/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」