ほしあわびごはん

ほしあわびごはん

Description

小さな乾鮑1個 家庭で満足に食べられる方法は無いかと考えたのがこれ、例によって下ごしらえに手間が掛かりますが うまい!

材料 (2人分)

乾鮑 35頭 約17g
1個
醤油 酒 みりん
少々
筍     約50g
1個
1カップ

作り方

1

写真

乾燥状態で17gです
戻し汁も使いますので、戻す前にサット水洗いして汚れを取ります

2

写真

冷凍パックに水100cc入れて24時間常温で戻します

3

写真

かなり大きくなりました。手で押さえて特に堅いところが無ければ次の作業に移ります。最初と変わらない状態ならあと一日戻し作業

4

写真

43gになってます
鮑の口の部分は除去します。

5

写真

魔法鍋に8分目位水を入れ沸騰させてから3の鮑袋ごと入れて12時間保温します。

6

手で押さえて耳たぶ位の堅さなら 戻し完了 堅い様なら鍋を加熱沸騰させ更に12時間保温 それでも堅ければ5を繰り返します

7

写真

薄くきります

8

写真

鍋に鮑を入れひたひたになる程度の戻し汁を入れて味付けして10分程煮込んだら火を止めて3時間程味を含ませます。

9

写真

鮑は皿にとり煮汁は炊飯鍋に加えます。

10

貴重な鮑は公平に分けたい気持ちから、ご飯に炊き込みません。

11

写真

研いだ米に筍、3の戻し汁、8のだし汁をそっくり加えて炊き込みます

12

写真

ご飯を盛りつけ 9の鮑を適当に並べて出来上がりです

コツ・ポイント

常温一日 加熱一日の戻し作業。乾鮑純粋の味を楽しむ為、肉等の味付けは排除。具も筍だけ。
戻し汁も炊飯に使用。これが基本です
昆布、鰹、炒り粉を8で, 11で具材に鶏肉等を足せば更に美味でしょう。乾貨戻しは科学です。楽しんで下さい

このレシピの生い立ち

小さな乾鮑 1人で食べても もの足りない。滅多に口に出来ない乾鮑 おなかいっぱいにならないかと考えたのがこれ、美味しいお米を使えば、磯の香りも鮑の旨みも満足。この程度の乾鮑6千円位。乾鮑を家族全員で楽しめる料理と思います お試しあれ
レシピID : 2612540 公開日 : 14/05/03 更新日 : 14/05/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」