おもてなし◎鶏肉とフルーツのこんがり焼き

おもてなし◎鶏肉とフルーツのこんがり焼き

Description

いつもの鶏肉が、あっという間にオシャレに変身!
フルーツinで疲労回復しながら、おもてなしに差を( ´ ▽ ` )ノ

材料 (2人分)

鶏肉(胸肉、またはもも肉)
1枚
レモン
半分
ブドウ(マスカットなど)
10粒程度
調味料
料理酒or白ワイン
50CC
薄力粉、塩こしょう、オリーブオイル
適量
※トッピング

作り方

1

写真

食材を用意します。鶏肉、ブドウ(今日はチリ産のレッドシードレス。300gで200円でした)レモン、イタリアンパセリなど。

2

写真

鶏肉は半分にカットし、両面に塩こしょうをしっかりとふっておく。

3

写真

ブドウは半分にカット。レモンはブドウの大きさに合わせて小さくカット。もしレモンがない場合、ブドウは20粒近くあっても◎

4

写真

2の鶏肉に薄力粉を多めにたっぷりとまぶします。

5

写真

フライパンにオリーブ油を熱し、皮目から強火で焼いていく。両面を、しっかりと、きつね色になるまで焼き色をつける。

6

写真

いったん火を止めて、レモン、ぶどう、料理酒(白ワイン)を注ぎ入れ、再び火をつける。

7

写真

蓋をして3分蒸し焼きにし、鶏肉に火が入ったのを確認して火を止める。

8

写真

器に盛り、レモン、ブドウ、フライパンの中に残った少しとろみのついたソースを上からまわしかけ、最後にイタリアンパセリを。

コツ・ポイント

今回は皮つきの鶏の胸肉で調理しました。もも肉なら更にジューシーに仕上がると思います。白ワインがない場合、家庭用の料理酒でも◎。今日は料理酒で試作しています。鶏肉に塩こしょうをふる時、しっかり目にふることがポイント。薄力粉も多めにふると◎

このレシピの生い立ち

4年前にセンスの良いイタリアンの先生教えていただいた鶏肉のマスカット風味。
こちらを簡易版にして、疲労回復のクエン酸が豊富なレモンを足し、栄養価もアップさせました( ´ ▽ ` )ノブドウの甘さとレモンの酸がマッチして、とっても美味です♪
レシピID : 2612776 公開日 : 14/05/03 更新日 : 14/05/03

このレシピの作者

アス飯®︎料理研究家【アスリート食/専門分野は植物化学】元小学校教諭/著書にアス飯レシピ(京都新聞連載書籍化)J歴代2位20年連続ゴール記録及びJ通算537試合超えを達成したサッカー元日本代表プロ21年目の現役Jリーガー山瀬功治は夫。北海道十勝郡浦幌町ふるさと大使。大学他教育機関で栄養講演・調理実習、メディア出演・連載多数
https://yamasefamily.com/rieko-yamase

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

7 (7人)

17/04/18

写真

家族にとっても好評でした(* ´ ∀ ` *)!

クック1MY14P☆

ぶどうが柔らかそうでとっても美味しそうです!^^感謝!

17/03/24

写真

ふっくら美味しい♡これからの季節にいい感じですね!

モモcha

綺麗なプレートでテンション上がります^^また是非!!感謝!

15/02/12

写真

とっても美味しかったです♡ありがとうございます♡

hacimama

美しい!盛り付けもお店のようです!素敵(≧∇≦)!感謝!!!

14/08/26

写真

葡萄の代わりにキウイで。美味しいのに簡単!アイスワインと共に。

hipoon

キウイ!!!!!素晴らしいです!!!!!やってみます!!!!