旬のコシアブラと春キャベツを牛肉と。

旬のコシアブラと春キャベツを牛肉と。
旬のコシアブラを「ご飯のおかず」に使うために、ちょっと工夫をしてみました。コシアブラの香りを存分に楽しみましょう。

材料 (2人分)

コシアブラ
2パック(約15個?)
牛(こま切れでOK)
100g
春キャベツ
3〜4葉
ニンジン
長さ4センチほど
塩コショウ
適量
酒(または出汁)
大さじ2

1

はじめに牛肉を、お箸で食べるのに良い大きさにカットし、ちょっと強めの塩と、適量のコショウで下味をつけておきます。

2

ニンジンは彩りと食感バランスのための食材です。多すぎない量を短冊切りにして用意。

3

コシアブラは袴の部分をばっさり切り落とし、バラバラにします。長いものは、2つにカットしておきましょう。

4

キャベツは、芯の部分と葉を切り分けます。葉はざく切りに。芯は大きくなりすぎないよう、細長くカット。

5

フライパンを熱して適量の油を敷き、キャベツの芯、ニンジンの順に炒めます。フライパンの温度が下がらないよう、間隔を開けて

6

次に牛肉を加え、赤みが消えたら、キャベツの葉を投入。温度が馴染んだら続いてコシアブラを加えます。火加減は終始強中火でOK

7

牛肉から出た塩味を全体に行き渡らせるイメージで、日本酒を加え、良く混ぜます。味をキャベツで確認し、塩コショウで微調整。

8

日本酒(ほんのり甘み)の替わりに、出汁(塩分控えめでも美味しい)を用いるのもおススメ。
両方使うのも可♪

9

コツ・ポイント

しっかり下ごしらえして、フライパンに火を入れたら温度を下げない目的だけの間隔をあけて、次々に食材を投入するのがコツ。(牛肉に火を通すトコロだけ、少し長め)。牛肉から出た旨味と塩分を、お酒(または出汁)で全体に行き渡らせる感じで。

このレシピの生い立ち

天ぷらで頂くのが通例だったのですが、他の方のレシピを拝見して、パスタに使えるなら、ご飯のおかずにもなる筈?と。
ボリュームを補うため、同じ旬の食材、春キャベツで増量したところ、「おかず」として楽しめる一品に仕上がりました。
レシピID : 2615815 公開日 : 14/05/06 更新日 : 14/05/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」