ケーキ屋のしっとりふわふわロールケーキ

ケーキ屋のしっとりふわふわロールケーキ
初心者でも温度と時間を守れば間違いなし。はちみつをいれるのでしっとり、フルーツをいれなくってもほんのりアーモンドで満足な味。ケーキ屋さんのきめ細かくって口の中でとろけてしまいそうな、しっとりふわふわのロールケーキを手作りしちゃいましょう。

材料 (鉄板28×28)

三個強(160グラム)
薄力粉
70グラム
20グラム
バター食塩不使用
20グラム
牛乳
35グラム
アーモンドプードルもしくは薄力粉
35グラム
 
★★準備する道具
あわたてき
温度計
ステンレスボール
湯せん用のなべ お湯60度
ロール紙
生地をたいらにするときのカード
はかり
ハンドミキサー
ゴムベラ
ケーキをさます台
★生クリーム材料
20グラム
あればキルシュ酒
少々
お好みで20グラムぐらい

1

写真

準備すべての材料を計量します。鉄板にロール紙をしく。バターと牛乳を合わせてゆせんかレンジで温める。50度で使用。薄力粉とアーモンドプードルをあわせて三度ほどふるう

2

オーブンを200度で余熱しておきます。ステンレスボールに卵をいれ、あわたてきでほぐします。砂糖をいれて、かるくまぜあわせます。湯せんにかけるので、ゆせんにかけるお鍋より小さいステンレスボールにしてください。

3

写真

湯せんようのおゆを60度にします。2をゆせんにかけてあわたてきで30秒ほどくるくるまぜます。卵の温度が夏場なら32度。冬場なら35度になっていればOK。温度が低ければそのまま湯せんで調整します。

4

卵が適温(3の温度)になったら、ハンドミキサーの高速であわたてる。大きなボールにいれかえます。私は深くて大きな鍋を使用してます。

5

写真

ハンドミキサー高速で6分30秒。低速で4分できめを整えます。はちみつを加えます。ハンドミキサーの低速で一分まぜます。
とてもきめ細かくしっとりした生地ができてるはずです。

6

写真

バターと牛乳をあわせたものを50度にあたためます。(まだ使用しませんよ。準備のみ)

7

写真

粉をふりいれ、ごむべらで25~30回混ぜ合わせる。下からすくってきるように、まぜあわせる。粉をきれいにまぜあわせるように・・・ ※まぜすぎないこと

8

6の牛乳とバターをあわせたものに、7の生地をゴムベラでひとすくい加えます。
混ぜ合わせた生地を、6にいれます。

9

ゴムベラで手早く20回ほどでまぜる。下から上にきるように・・

生地がつやつやになっていればGOOD

10

写真

用意した鉄板にすぎに流し、カードで四隅まできっちりなるべく厚さが均等になるようにながします

11

余熱したオーブンにいれ、設定を180度にさげて12分焼く。12分たたなくってもよいきつね色になればOK。たけぐしをさしてやけているか確認をしましょう。
途中のぞいて、色むらがでた場合は、鉄板のむきをいれかえ、均一にやけるようにする。

12

写真

鉄板からだして網にのせてさまします。あら熱をとります。あら熱がとれたら、ラップをかぶせておきます。生地がしっとりします。

13

写真

敷き紙をはがしましょう。生地をひっくり返す。焼色のついた薄いそうを包丁でけずりとります。面倒な方はそのままでもOK。敷き紙は下にしいたままにしていてね。きれいな面が表面になるように

14

★生クリームをつくりましょう。ボウルに生クリーム、グラニュー糖をいれます。底を氷水をあてながらあわたてます。七分立て・・クリームがやっとすくえる状態。キルシュを加えてさっと混ぜます。もう少しあわたてて8分立てにします。

15

写真

八分だて・・少しもったりしたぐらいです。デコレーションしないので、そこまで硬くあわだてなくてよいです。初心者の方は、生クリームすでにホイップしたものをつかってもよいかも。
アーモンドプードルを最後に加えてまぜる

16

写真

生クリームを塗ります。
手前は厚く、奥は薄くぬります。
紙の手前をもち、まいていきます。生地の先をまきこみやすいように、押さえる。最後は、ものさし等をつかってまきをしめて

17

写真

巻いた紙に包んだ状態で、ラップをして、うまくまけなかった人は、ラップをきつくまいてここで形を整えば修復可能。2時間冷蔵庫において、生地とクリームをなじませてできあがり

18

★★★★★これ以降は、注意事項についてかきました。★★★★★

19

★★注意事項等最初に道具の準備と材料の軽量はすませておくこと。私は牛乳とバターは、湯せんではなく、お鍋でそのまま火にかけて60度にしちゃいます。小麦粉はスーパーバイオレットが一番適してます。

20

アーモンドが苦手、手にはいらない方は、アーモンドの分量を薄力粉にかえれば、基本のロールケーキができあがります。生クリームを泡立てるボールは冷蔵庫でひやしたものを使うと、よい生クリームができます。

21

生クリームは、乳脂肪分が45%のものが一番適しています。私は粉など、キッチンペーパーの上にのせて図ります。そしたらボールもたくさんださなくっていいし、片付け楽チン

22

生地を平らにするカードは、使用済みテレカとかそんなやつでもよいです。100円ショップのケーキ道具コーナーでもカード手に入ります。

23

あまりにもしっとりふわふわできりづらいです。でも食べると、口の中でとろけるおいしさです。翌日は、さらに生地とクリームがなじんでしっとりです。

コツ・ポイント

温度と時間をしっかりまもれば、失敗なく作れます。はちみつをつかうことで、生地がしっとり。牛乳とバターは、50度よりひくいときは、さっと火にかけてつかいます。温度が低いとスポンジがうまくやけないので、温度はまもってね。今回はフルーツ等いれませんでしたが、フルーツをいれたりしてアレンジしてくださいね。

このレシピの生い立ち

泡たて、つのがたつくらいって表現わかりずらくないですか?。しばらく作らないと、感覚がわからなくって、いろんな本を参考にして、アレンジを加えてやっとしっとりふわふわロールケーキができるようになりました。近所のロールケーキが評判のお店が、ほんのりアーモンドプードルをきかせてある生地とクリームを使っていてこれがおいしい。それをまねて作ってみました。とってもおいしいので、ぜひつくってみてくださいね。
レシピID : 262320 公開日 : 06/06/24 更新日 : 06/08/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

08/10/24

First tsukurepo mark
写真

スポンジが苦手な子供達にも大好評♪おいしくて食べすぎちゃう^^;

さくらんぼ824

つくれぽありがとうございます。 おいしそう