広島風お好み焼き

広島風お好み焼き
お好み焼きといえば・・・大阪と広島が有名です。広島の方なら一度は自分で作ったことがあると思います。キャベツを沢山入れて栄養満点です。

材料

キャベツ
4分の1
もやし
適量
ねぎ
適量
豚バラ肉
4枚
お好み焼きの粉
少々
魚粉
少々
1個
少々
こしょう
少々
青のり
少々
おたふくソース
適量
イカ天
1枚
調味料
少々
そば
好み

1

キャベツとネギは千切りにする。キャベツともやしは水をよくきっておきます。

2

写真

お好み焼きの粉を水で溶き(生地)、よく熱した鉄板の上にクレープのように丸く延ばす。魚粉、キャベツ、もやし、ネギ、調味料をふり、イカ天、豚肉を並る。生地を写真のように上にかける。

3

写真

生地がキツネ色になったら、ヘラで裏返す。(緊張の一瞬) 具が多少散らばってもヘラで中に入れれば大丈夫です。

4

始めは蒸し焼きのようにし,水分が出なくようになったらヘラで押さえる。
フライパンでそばを炒めソースで軽く味付けしておく。

5

焼き面が軽く焦げてきたら、ヘラで返しそばをのせる。
さらに卵をそばの上に入れ、裏返す。(通常は,広げたそばにお好み焼きをのせるのですが、鉄板が小さいので苦肉の策です)

6

卵が焼けたら裏返せば出来上がりです。
後は、お好みでソース、青海苔、こしょう等をかけてください。

コツ・ポイント

ダイエット中の方は、そば無しで作るとヘルシーです。

このレシピの生い立ち

広島風お好み焼きは父さんの(旦那)の料理です。
我が家では、お好み焼きとラーメンは男の料理になっています。
レシピID : 262638 公開日 : 06/06/25 更新日 : 06/06/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」