ホンビノス貝の干物

ホンビノス貝の干物
簡単、ホンビノス貝の身を串にさして天日に干すだけ。干すことで味と香りが濃縮。 

材料

ホンビノス貝
好きなだけ

1

写真

海で採ってきたホンビノス貝は真水で良く洗い汚れを落とす。 海水か3%食塩水砂抜きする。 2重の食器洗い用のザルが便利。

2

ホンビノス貝を3分ほどゆでる。 貝がらが2mmほど開いたら、隙間からナイフを入れて蝶番付近の貝柱を4箇所切る。

3

写真

身を取り出したら、流水で洗いながら黒いワタを指で押し出し取り除く。
串に刺しザルに並べ、虫除けの網をかぶせ天日で干す。

4

写真

丸一昼夜から二昼夜置いたら出来上がり。 遠火で焦げないようにあぶって食べる。
日本酒をまぶして焼くと柔らかくなる。

コツ・ポイント

ホンビノス貝の黒いワタを取り除くと磯臭さが抜けてすっきりした味と香りとなる。
天日で干すことにより味と香りが濃縮される。

このレシピの生い立ち

ホンビノス貝で干物ができないか試してみた。
塩水などに漬けずにそのまま干すので貝本来の味と香りが濃縮される。 日本酒にもビールにも良く合う。
レシピID : 2634745 公開日 : 14/05/20 更新日 : 14/05/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」