基本の生パスタ生地 改良版

基本の生パスタ生地 改良版

材料 (4食分)

デュラムセモリナ粉
175g
00番小麦
75g
小さじ1/2
卵M寸
2個
打ち粉用の強力粉
適量

1

粉2種類と塩をボウルに入れて、混ぜ合わせる。

2

別のボウルで卵とオイルを合わせておく。

3

1のボウルの粉の真ん中をくぼませて、2を加える。

4

卵液の周りから粉を少しずつ合わせて、手でひとまとめにしながらこねていく。

5

ひとまとめにできる状態になったら、ビニールに入れてタオルで包み、足で踏む。
生地の状態をみながら約8分間、途中で丸め直しも必要。
少し固めで、弾力(押して戻って来る)のある状態が丁度いい。

6

丸くまとめて、しっかり絞った布巾、その上にビニールで包み1〜2時間寝かせる(夏場は冷蔵庫へ)。

7

生地を2等分し、綿棒で1cmにのばす。
ここから打ち粉はしっかりと。

8

パスタマシーン(我が家はインペリア製)を使ってのばす。
目盛り1で1回→三つ折りにしてもう一度のばす。

9

目盛り1で3回→3で1回→5で2回。
5でかける前に、生地が長くなりそうだたら、半分に切る。

10

好みの幅に切る。
今回のはフェットチーネ。
切り終わったら、しっかり打ち粉を。この時にモミすぎるとちぢれの原因になる。

11

今回の粉の量で4食分(1食約90g)。
粉を打って、ちょっと生地を乾燥させて完成。

コツ・ポイント

・3度目の正直で成功。
 1回目はコシがありすぎて固かった→踏み過ぎ。
 2回目は柔らかくて、麺同士がひっついて団子出現。
 今回は絶妙な打ち加減でおいしかったです。
 ちょっとまとまりにくいですが、これ以上水分は入れない方がいいでしょう。
 踏んでるうちに丁度よくなったので。
 行程5の踏み加減に特に注意が必要→やる気のない踏み方で丁度いいくらい。
 

このレシピの生い立ち

 
レシピID : 264351 公開日 : 06/07/02 更新日 : 06/07/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」