ホンビノス貝の焼サンガ

ホンビノス貝の焼サンガ
ホンビノス貝の焼サンガ。 味噌と醤油の味と香りが香ばしい。

材料

ホンビノス貝
中(6.5cm前後)×8個
味噌
大サジ半分
醤油
大サジ1
大サジ1
長ネギ
2分の1本

1

ホンビノス貝を熱湯で茹で、2mmほど蓋が空いたら冷水につける。
貝柱をナイフで切り身を取り出す。

2

黒いワタを押し出し、冷水で洗い流す。
貝の足を切り取り細かく刻む。残りの身も細かく切る。長ネギを細かく刻む。

3

2と調味料を良く混ぜる。 貝がらを半分に切り離し、混ぜた材料をのせる。

4

グリルで焦げ目がつくまで焼く。ワサビ、オリーブオイル、ケチャップ、マヨネーズ、タバスコ、胡椒などを掛けても美味しい。

コツ・ポイント

ホンビノス貝の足は熱すると固くなるので細かく刻む。
身を取り出すときに指を怪我しないように注意してください。 味噌は味が濃すぎないように、やや控えめに。
アルミホイルに塗って焼いても良いが、せっかく貝がらがあるので使ってみては。

このレシピの生い立ち

青柳の焼サンガのレシピはあったが、ホンビノス貝の焼サンガのレシピが無かった。 多分、旨いだろうとつくってみた。 ホンビノス貝の貝ガラは厚いので、貝ガラを半分にして焼けば火のとおりも良くなると考えました。
レシピID : 2671525 公開日 : 14/06/15 更新日 : 14/06/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」