鶏肉と小松菜と漬物の優しい雑炊

鶏肉と小松菜と漬物の優しい雑炊

Description

赤、黄、緑色のカラフルな鶏肉のスープご飯。優しい味の食べやすい一品。

材料 (3~4人分)

鶏のもも肉
2枚
小松菜
2~3束
ニンジン
5センチ位
しめじ
50g
ひとかけ
沢庵or奈良漬け
30~50g位
スープ材料
3カップ
大2
胡椒
少々
小1強

作り方

1

写真

小松菜→茎と葉3センチに切り、分けておく。
ニンジン→短冊
しめじ→小分け
生姜→薄切りorぶつ切り

2

写真

鍋に酒と生姜、鶏肉を入れる。蓋をして強火→煮たったら弱火で15分。そこに、ニンジンを入れ、さらに5分。

3

写真

肉だけ皿に取り出して、すぐにラップをする。

4

写真

2のスープを中火にかけて、小松菜の茎、しめじを加え、1分したら、小松菜の葉も入れてしんなりさせる。味付けを塩でする。

5

写真

鶏肉を細く切り、4の鍋に戻す。
炊きたてのご飯に肉、スープをかける。漬物も散らして、出来上がり。

コツ・ポイント

鶏肉を乗せた皿をラップするのは、しっとりさを保つためです。
漬物は、コリコリするほうが、食感も楽しめます。
奈良漬けが美味しいのですが、苦手な方は、沢庵でどうぞ。

このレシピの生い立ち

小松菜と沢庵が少し残り、どんぶりご飯を食べたくて思い付きました。
レシピID : 2693027 公開日 : 14/07/02 更新日 : 15/05/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」