くるみパン

くるみパン
ふかふかのくるみパンです。粉と、くるみの味が引き立つように配合に工夫しました。中種方式です。
室温発酵なので、時間はかかりますが、とっても風味があって美味しいです。

材料 (2個)

100グラム
ドライイースト(中種用)
2グラム
水(中種用)
62~63グラム
150グラム
25グラム
10グラム
無塩バター
35グラム
4グラム
クルミ
75グラム
87~88グラム
無塩バター(仕上げ用)
10~15グラム

1

写真

中種を作ります。
ボウルに粉類を入れ
人肌に温めた水を入れてかき混ぜ、手でこねます。

2

写真

しっとりひとつにまとまったら(つるつるにならなくても大丈夫。)丸めてボウルに入れて、
温かいところで、約1時間発酵させます。

3

写真

本種の材料を計っておきます。くるみは、5ミリ角に砕いておきます。
バターは、使う10分前に冷蔵庫から出しておきます

4

写真

1.5~2倍に膨らんだ、中種を、ガス抜きをして6~7つに分割しておく。(大きさは適当でよい)

5

写真

粉類をボウルに入れて人肌に温めた水を入れてよくこねます。
グルテンが出てきて
まとまってきたら、バターを加えてさらに混ぜます。コネむらに注意します。
だいたいバターがなじんできたら、分割した中だねを加えて
さらにこねます。

6

写真

表面がつるっとして
指で、生地を伸ばしたときなめらかに、うす~くのびるようになったら

7

写真

生地を広げて砕いたくるみをのせて生地に混ぜ込んでいく

8

写真

くるみがムラなく混ざったら、できるだけ、くるみが表面に出ないように丸めて、暖かいところで、1時間、
1次発酵させる

9

写真

だいたい、1.5~2倍に膨らんだらガス抜き後、2分割する。
だいたい、270グラム強。

10

写真

固く絞った濡れぶきんをかけて15~20分、ベンチタイム

11

写真

かるくガス抜きをした後、丸めなおして、
スケッパーで5箇所切込みを入れて、天板にのせて
暖かい場所で45~50分、2次発酵。
焼いている間に、仕上げ用のバターを
溶かしておく。

12

写真

ガスで220度に温めたオーブンで、210度に下げて11~13分焼く。
電気の場合なら10度高めに設定。
焼きあがったらすぐに仕上げ用の溶かしバターを表面に刷毛でたっぷり塗る

コツ・ポイント

中種を、本種の混ぜ込むときのコネむらに注意です。
分割はできるだけ計って、同じ重さにしたほうが、焼くときに
同時に同じように焼きあがります。
ベンチタイムの後の成形は、なるべく、高さを出すように丸めてから
切込みを入れるといいです。
どうしても、切込みからガスが抜けて高さがなくなりがちなので。

このレシピの生い立ち

くるみの味をひきたたせた素朴なパンが焼きたくて。卵を入れると、卵の味がきついので、卵を抜いて、スキムミルクで風味をつけてみました。
http://momo0710.exblog.jp/3507208/
こちらも合わせてみてください
レシピID : 271651 公開日 : 06/08/04 更新日 : 06/08/05

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」