気分次第★もちもちナンVSふわふわナン★

気分次第★もちもちナンVSふわふわナン★
✿話題入り感謝✿材料はほぼ一緒でも、膨張剤が違うだけで食感&仕上がりに差が出ます!その時の気分&お好みで選んで下さいね♪

材料 (4枚分)

もちもちナン
250g
サラダ油
20g
★牛乳
100ml
★水
50ml
★卵
25g(1/2個)
★ヨーグルト(無糖)
25g
★砂糖
20g
★塩(天然塩)
5g
ふわふわナン
●塩(天然塩)
5g
★ドライイースト(サフ赤)
5g
★砂糖
20g
★ぬるま湯(40度程度)
80ml
ヨーグルト(無糖)
70g
サラダ油
20g

1

写真

 ♪もちもちナン♪

ベーキングパウダーを使って、ほとんど捏ねずに混ぜて焼くだけ。
本格的なナンが焼けます!

2

写真

ボールに★印の材料を入れる。

3

写真

泡立て器で良く混ぜる。

4

写真

強力粉を入れる。

5

写真

最初は手でぐるぐるとかき混ぜる。
あらかた混ざったら、ぎゅっぎゅっと生地を押して、約30秒間捏ねる。

6

写真

サラダ油を入れる。
その時、手にもサラダ油を付けると、べたべたした生地を捏ね易い。

7

写真

30秒から1分間程度捏ねて、サラダ油が生地に馴染んだらOK。
掌にサラダ油を少しつけて生地を丸める。

8

写真

丸めた生地をボールに入れる。
ラップをして室温で春夏は約2時間、秋冬は約3~4時間生地を寝かせる

9

写真

2時間後、生地が若干膨らんでいる。
べたべたして扱いづらかった生地が、落ち着いて手にも付かなくなっている。

10

写真

生地を計量する。
464gを4等分するので、1枚当たり116gになる。

11

写真

台に打ち粉をして生地を乗せて、カードで4等分する。

12

写真

1個当たり116gになるように微調整する。

13

写真

丸くまとめて表面を整える。

14

写真

打ち粉をした台の上に生地を乗せる。

15

写真

上からラップをかけて、30分寝かす
すぐに焼かない場合は、個々をラップで包んで冷蔵保存可能(2日以内)。

16

写真

生地を持ち上げて、ナンの形をイメージしながら、手で生地を広げていく。
その時になるべく均一な厚さになるようにする。

17

写真

とても伸び易い生地なので、穴を開けたり、ちぎらないように注意する。
大体こんな感じになったらOK。

18

写真

クッキングシートの上に乗せる。
天板が2枚あったら、同時に4枚焼ける。

19

写真

天板ごとオーブンを250度に予熱する。
予熱終了したら、熱い天板にクッキングシートのまま移動する。
火傷に注意する。

20

写真

温度を下げないように蓋の開閉を短時間で行い、250度で5分焼く。
こんがりと焼き色が付いたら出来上がり。

21

写真

断面はこんな感じ。
クリスピー&もちっとした食感。
とろっとしたカレーソースとの相性抜群!

22

写真

★グリーンカレーと一緒に★

23

写真

 ♪ふわふわナン♪

ドライイーストを使って軽く捏ねて、成形して焼くだけ!
柔かくて歯切れの良いパンみたいなナン。

24

写真

★印の材料を器に入れて良くかき混ぜ、ドライイーストを溶かす。
そのまま少しの時間放置すると、泡が出て2層に分かれる。

25

写真

ボールに●印の材料を計量して入れる。

26

写真

そこにヨーグルトを入れて、手で軽くかき混ぜる。

27

写真

2層に分かれた★印の材料を入れる。

28

写真

引き続き手で混ぜて、全体に馴染ませる。

29

写真

手で生地を少し持ち上げてはぎゅっと折り畳む。5分程度捏ねる。
グルテンが出来ないように、捏ね過ぎに注意する。

30

写真

サラダ油を入れる。
その時に手にもサラダ油を付けると、べたべたした生地を捏ねやすい。
再び生地を少し持ち上げて→

31

写真

ぎゅっと折り畳む動作を繰り返す。
サラダ油が混ざれば良いので、捏ね時間は3分以内。引き続き、捏ね過ぎに注意する。

32

写真

べたついた生地を、こんな状態にまるめる。

33

写真

両手に薄くサラダ油を付けて、生地を持ち上げる。
表面が綺麗に張るように丸くまとめる。

34

写真

丸くまとめた生地をボールに入れる。
ボールにラップをかけて、室温又はオーブンで2倍の大きさになるまで発酵させる。

35

写真

この時は室温27度で1時間後に第一発酵完了。

36

写真

生地を計量する。
477gを4等分するので、1枚当たり119gになる。

37

写真

台に打ち粉をして生地を乗せて、カードで4等分する。

38

写真

1個当たり119gになるように調整する。

39

写真

丸くまとめて表面を整える。

40

写真

打ち粉をした台の上に生地を乗せて、まずはしずく型にする。

41

写真

麺棒を使って上下左右に生地を伸ばして、細長いしずく型にする。

42

写真

細い方の先端を引っ張りながら、なるべく均一な厚さになるように成形する。

43

写真

最初は伸ばしてもちょっと縮んでしまっていたのが、段々と伸びたままになる。
大体こんな感じになったらOK。

44

写真

クッキングシートの上に乗せる。
生地がふっくら膨らむ迄室温又はオーブンで最終発酵させる。

45

写真

この時は室温27度で30分で最終発酵完了。
天板が2枚あったら、4枚同時に焼ける。

46

写真

天板ごとオーブンを250度に予熱する。
予熱終了したら、熱い天板にクッキングシートのまま移動する。
火傷に注意する。

47

写真

温度を下げないように蓋の開閉を短時間で行い、250度で5分焼く。
こんがりと焼き色が付いたら出来上がり。

48

写真

断面はこんな感じ。
ふっくら&柔らかな食感。
カレーソースが染み込み易いので、さらっとした汁気の多いカレーとの相性抜群!

49

写真

★キーマカレーと一緒に★

50

★話題入り感謝★

214品目、話題入りしました。作って下さり、つくれぽ届けて下さった方々、ありがとうございました❤

コツ・ポイント

もちもち・ふわふわ共にグルテンをなるべく作らないように、捏ね過ぎに注意するのがポイントです!

焼成を短時間・高温で一気に行う為に、オーブンは最高温度に設定して、その際に天板も一緒に温めて下さい。

このレシピの生い立ち

何度も試行錯誤を重ねてナンを焼いている中で、ベーキングパウダー・ドライイースト共に、それぞれの作り方・焼き上がりの違いによる魅力がある事に気付きました。

今では、その時に作るカレーの種類と気分で、どちらにするか決めています♪
レシピID : 2720324 公開日 : 14/07/22 更新日 : 17/06/08

このレシピの作者

❤フォロー&つくれぽ下さる方々に感謝❤

簡単でシンプルな家庭料理をご紹介。

より一層美味しく、作り易くする為に、途中で手直ししたり、
作らなくなったレシピは整理もしますのでご了承下さい。

気軽につくれぽ送って下さいね、レシピ作りの励み・参考になります♪

COOKPAD 第2期レシピエール
パンマイスター

※サイト内のレシピ・写真等全てを商用目的での無断使用・転載は固くお断りします※

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

16 (15人)

18/01/17

写真

ふわふわナンで作ってみました(^^)/ おいしくいただきました♪

tart

ふんわり感が伝わる美味しそうな焼き上がりに感謝感激です❤

17/11/02

写真

焼き方を参考にさせていただきました(^^)

♡9637♡

ふっくら美味しそうに仕上がっていますね★参考ありがとう♡

17/10/01

写真

何か分量間違えたか膨らみが…リベンジします!でも自作ナン嬉しい☆

イベ長

ふっくらも美味しいですね♪献立含めて大感謝♡生地を薄く成形ね

17/09/15

写真

同じ生地でチーズナンも作りました(*´ェ`*)美味しいっ‼︎

★ako☆ako★

チーズ入り♪間違い無く美味しそう★私も真似しちゃいます♡感謝

Profile わかさき 2015年06月19日 17:57
上手に、つくれました!
ありがとうございました
アトリエ沙羅 2015年06月19日 18:50
わかさき様

ご丁寧にコメントありがとうございました。
美味しく作って下さり嬉しいです★
是非、つくれぽも送って下さいね♪