重石いらず!カビしらずの梅干し☆

重石いらず!カビしらずの梅干し☆
覚え書き。
少量だけ漬けたいとき、失敗なしで作れます。道具がいらないのも魅力。

材料

梅(完熟)
1kg
180g
100cc
赤紫蘇
200g
紫蘇用の塩
50g

1

梅は傷のないものを選び、水に1時間ほどつけてあく抜きをする。

2

きれいな布巾で梅の水気を拭き、竹串でヘタを取ります。梅に傷をつけないように・・・

3

ジッパー付きビニール袋(大)に梅を入れ、焼酎を入れて梅にまぶします。消毒と塩をなじみやすくするためです。

4

塩を加えて全体にまぶし、出来るだけ空気を抜いてジッパーを閉じます。このまま暗所で寝かせましょう。(うちはガス台の下に置きました)

5

翌日には梅酢が上がってくるはず。毎日様子を見て、マメに袋の空気を抜いたり、梅の向き(袋の向き?か?)を変えたりします。袋ごしでもいい香り!

6

赤紫蘇を入れます~
漬け始めて10日以上、赤紫蘇が出始めたら紫蘇を入れます。紫蘇を良く洗って水気を拭き、塩の半量を入れてギュウギュウと揉みます。出てきたアクを捨てて残りの塩を加え、さらに揉んでアクを捨てます。

7

梅の袋から白梅酢を1カップほどとり、6の紫蘇に加えます。鮮やかな赤色になるので、全部梅の袋に戻します。袋の空気を抜くのを忘れずに・・

8

さらに3週間ほど漬け込みます。だんだん梅が赤く染まっていくのがわかります。梅の香りと紫蘇の香りが合わさって、うっとりします。梅干作りは楽しいですね。

9

土用干しです~よく晴れた暑い日を天気予報でチェック。3日間は干したいところです。梅と紫蘇をザルに上げて干します。素手で触ってはいけないそうです(母、談)。ときどき箸でひっくり返します。赤梅酢も漉してビンかボールに入れ、日に当てます。

10

3日3晩干すと、梅も紫蘇も塩が吹いてカラカラに乾いています。しばらく置くとおいしく食べられるのだそうです。楽しみです。

コツ・ポイント

ジッパー付き袋(大)で1キロの梅を漬けることができます。袋の空気をしっかり抜くことがポイントです。空気に触れないのでカビません。

このレシピの生い立ち

梅干しは漬けたいけれど、カメや重石を用意するのもちょっと・・・と思ったので。たまたま見かけた料理本やHPを参考に、やや減塩版にしてみました。
レシピID : 272358 公開日 : 06/08/08 更新日 : 06/08/08

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」