夏なのに春巻き

夏なのに春巻き
言っとくけどエイリアンの幼虫形態ではないぞ。生春巻きって保存が効くから便利な食材だ。今日のやつも賞味期限軽くオーバーしてるが、ぜんぜん平気だ。NASAで採用すべきじゃないのか。

材料

冷やし中華の残り
適量
生春巻きの皮
本数分
レタス
適量

1

材料にするには気が引ける食材だな。中途半端に残ったら、捨てずに保存。面とか適度に伸びて、いいぞ。味もついてるしな。

2

フライパンに水を張って、巻く直前にもどす。

3

食感を楽しむので、幅広く裁断しておく。

コツ・ポイント

「生春巻きって作るの面倒!」と考えがちだが、いざ作ると簡単だよな。それにしても、この前作った時(冬)より、皮の戻る時間が短いぞ。こんなところにも、季節感感じるぜ!

このレシピの生い立ち

メインの具が冷やし中華なので、冷やし中華食べた翌日にしか作れないという、超ピンポイントレシピだ。生春巻きは、春巻き本体よりタレに工夫が必要だから、あらかじめ味が付いてる具財はうってつけだよな。応用編としては焼きそばあたりがいいんじゃなぁい~
レシピID : 273723 公開日 : 06/08/13 更新日 : 06/08/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」