はりねずみケーキ

はりねずみケーキ
ココアのみで作るスポンジを生クリームとアーモンドではりねずみの形に仕上げました。

材料

3-5dl
5個
ココア
約1dl
砂糖
約2dl
アーモンド
一袋
一袋
オレンジやパインなどのジュース
約6dl
食紅の緑
数滴
桃やパインなどの缶詰
1缶

1

ゼラチンをパインやオレンジなどの美味しいジュースに溶かし、食紅の緑で芝生の色をつける。大き目の型、私は大きいパイ皿に流し込んで、緑のゼリーを作っておく。

2

卵を白身と黄身に分け、それぞれに砂糖を半分ずつ入れる。黄身にはココアも入れる。砂糖とココアの料はきちんと計らなくても適当でよい。

3

始めに白身と砂糖の入ったほうを角が立つほどあわ立て、次に黄身と砂糖とココアの入っているほうを色が少しシロっぽくなるくらいまで泡だて器でよく混ぜる。

4

泡の立っている白身の泡をなるべく壊さないように少しずつ黄身の方へ移し、全体を混ぜる。
白身を木のスプーンなどで切るようにして混ぜると良い。

5

ベーキングシートを型どおりに切って丸いケーキ型に3の混ぜたものを流し、170度くらいのオーブンで30-40分ほど、串でさして中がついてこなくなるまで焼く。

6

ケーキを焼いている間、アーモンドを熱湯に浸し、しばらくしたら、皮を剥く。向いたアーモンドを起て6等分に切る。
これがはりねずみの針になるので、量は適当にする。
6等分のアーモンドは5-10分ほどオーブンでからりと焼く。

7

生クリームに砂糖を好みの量入れて、あわ立て、焼きあがったスポンジの上に少量のせる。その上に桃かパインの缶詰のさいの目に切ったものをのせ、好みでアーモンドなどものせても良い。

8

スポンジの左右を寄せるようにして、全体を裏返し、細長い楕円に形作る。一方がはりねずみの口になるように手で形付ける。
あわ立てた生クリームを口の部分のみ残して全体にぬる。
焼きあがったアーモンドをはりねずみの針のように好きなように突き刺す。

9

1のゼラチンが固まったら、ナイフで細長く切り込みを入れ、スプーンですくって、ハリネズミの周りに芝生のように飾り付けて出来上がり。

コツ・ポイント

全ての量は適当です。実は私が作るときは計っていないのです。スポンジの焼き具合が悪くても生クリームなどで形を調整するので、心配は無い。好みで、スポンジにラム酒などを含ませても良い。(大人むき)食べる1日前くらいに用意しておくと、ココアのスポンジがしっとりして美味しくなります。
アーモンドが多いようだったら、皮を剥いたアーモンドを水でぬらし、塩をまぶしてからりと焼くとおつまみになります。

このレシピの生い立ち

ブルガリアの友人が作ったことがあり、材料の量などきちんとわからないまま作り方を教えていただき、自分で試行錯誤しながらこのケーキが生まれました。
子供達の通っていた幼稚園の名前がはりねずみ幼稚園だったので、子供達が誕生日の度にこのケーキを作って幼稚園に持っていっておりました。4人子供がいるので、年に少なくとも4回、8匹は作っておりました。最近作る機会も少なくなりましたが、久しぶり作ってみました。
レシピID : 274788 公開日 : 06/08/18 更新日 : 06/08/18

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」