臭み無し!おいしい!鯛のあら煮

臭み無し!おいしい!鯛のあら煮
鯛のあらを手に入れたら、おいしいあら煮にしましょう!ちゃんと処理をすれば家でも簡単に臭みのないお店のようなとろ~りおいしいあら煮ができますよ☆ご飯が進みます。

材料

鯛のあら
1匹分(1パック)
50g
ゴボウ
適量
2カップ
2カップ
砂糖
大さじ2
醤油
お玉1杯弱
15g

1

鯛のあらに、あらの3%くらいの塩をまぶす。だいたい1パック700gくらいなので15~20gが最適です。30分置いておく。

2

分量外の水を鍋に沸かす。氷水をボールに用意する。生姜は千切りに。ゴボウは斜め切りにする。

3

沸騰したら1のあらを1匹づつ湯をさっとくぐらせてすぐに氷水につける(霜降りです)。氷水の中で血の固まりや鱗を取り除く。ここでしっかりと取り除いておくと臭みのない美味しいあら煮が出きる。

4

他のそこが広い鍋(又は深めのフライパン)に酒と水を入れ火にかける。沸いたら3をなるべく重ならないようにして鍋に入れる。

5

再び沸いたら、2で千切りした生姜とゴボウを鯛のあらの隙間に入れる。

6

砂糖を5の鍋に入れ、弱火にし、ふたをして煮る。☆最低50分程度☆

7

6に醤油を入れる。かき混ぜないように!汁はすくって身の上にかける。さらに10分程度煮たら火を止めて味を染み込ませる。

8

これで臭みのない美味しいあら煮の出来上がり☆まーったく臭みはなく本当においしいですよ!!ゴボウも柔らかく美味しくいただけます。

コツ・ポイント

「霜降り」の作業をしっかり行いましょう!!少々面倒くさいですが、血の固まりを取り除くだけで臭みが全く違います。霜降りにすることで味も逃げません。鱗を取り除くので食べるとき口当たりがよくなりますよ☆
あと、弱火で最低50分間は煮ましょう。醤油は最後に入れます。最初に入れると身が固くなります。

このレシピの生い立ち

祖父の家が海の近くにあります。いつもおいしいあら煮をつくってもってきてくれる近所のおばさんに作り方を教わりました☆本格派、漁師の家の味です!!ブリのあらやハマチのあらでもOKだそうですよ。
レシピID : 275310 公開日 : 06/08/21 更新日 : 06/08/21

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」